コロナ禍で増えるリモートワークやオンライン授業 目の異常「VDT症候群」に注意!

  • 作成:2021/10/01

新型コロナウイルス感染拡大の中で求められる新しい生活様式で、リモートワークやオンライン授業などが定着し、パソコンやタブレット、スマートフォンなどを長時間利用する機会が増えています。それに伴い眼精疲労や肩こり、睡眠障害など、「VDT症候群」と呼ばれる、さまざまな症状に悩む人の増加が懸念されています。

この記事の目安時間は3分です

コロナ禍で増えるリモートワークやオンライン授業 目の異常「VDT症候群」に注意!

コロナ禍が「VDT症候群」に拍車をかける

コロナ禍以前から、インターネットの普及でパソコンやタブレット、スマートフォン、テレビなどのディスプレイ画面、VDT(Visual Display Terminal)を長時間見続けることで、体調不良を起こすことが問題になっていました。眼精疲労やドライアイなど目の不調に加え、首や肩のこり、頭痛など全身に症状が現れ、慢性化すると作業能率が悪くなり、うつ状態まで引き起こします。このような状態は「VDT症候群」、「IT眼症」、「テクノストレス眼症」などと呼ばれています。

コロナ禍は長期化し、リモートワークやオンライン授業などでディスプレイ画面を見る時間はますます増えています。自粛で外出する機会が減り、パソコンでの仕事や勉強のあとで動画を見たりゲームなどで息抜きし、友人とのコミュニケーションもオンライン。このような状態では、おとなも子どもも目の酷使が心配です。実際、東京都の「家庭における青少年のスマートフォン等の利用調査(2021年2月24日~3月1日実施)」では、小学生から高校生までの約5割がインターネットを利用する時間が増えたと答えています。

コロナ禍で増えるリモートワークやオンライン授業 目の異常「VDT症候群」に注意!

(都内在住の小学生・中学生・高校生にスマートフォン等を持たせている保護者(都内在住)2,000名を対象に調査  東京都H Pより抜粋)

ディスプレイ画面を長時間見ると目が傷む

なぜパソコンやスマートフォンなどを長時間使い続けるとよくないのか。それは、ディスプレイ画面を見続けること自体が目を傷めつけることになるからです。チラつき光る画面を近距離で見続けると、明るさやピントの調整を行う目の機能に大きな負担がかかり、目を疲れさせます。目を酷使することで、VDT症候群の主な症状、眼精疲労やドライアイを起こしやすくするのです。

ドライアイは、涙の量が不足したり涙の成分が変化したりして、目の表面にある角膜が乾燥状態になって起こる慢性の病気です。悪化すると、視力の低下や痛みなどで生活の質が落ち、角膜上皮剥離(かくまくじょうひはくり)(角膜が乾燥してはがれる)を起こすこともあります。目が「乾く」「ゴロゴロする」「目が開けにくい」「疲れる」「かすんで見えづらい」などの症状が続く場合は、必ず眼科を受診してください。

休憩、体操、環境整備で予防する

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1192文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師