食事はいつ、どのくらいの頻度で取るのが健康的?

  • 作成:2021/10/22

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年3月24日に掲載された記事「5 foods you should eat every day for optimal health 」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

食事はいつ、どのくらいの頻度で取るのが健康的?

同僚や友人の中に、流行のダイエットに夢中になっている人はいませんか?1日3回の食事の代わりに、6回に分けて食事をしていることに気づいているかもしれません。

1日のうちに3回の食事をするのと、何回かに分けて食事をするのとでは、どちらが良いのでしょうか?

インターネットや社会では、食事の頻度や一日のうちの正しい食事の時間についての主張があふれています。ここでは、最新の研究結果に基づいて、健康に最も良いとされる食事方法をご紹介します。

1日6回の食事?

Diabetes and Metabolism誌に掲載された研究では、1日3食と6食の効果を比較しました。いずれの場合も、糖尿病または糖尿病予備軍の参加者は、同じカロリーを摂取しました。

この2つの食事パターンが、血糖値のコントロールや満腹感、体重などの要素にどのような影響を与えるかを、47人のコホートを使って6カ月間にわたって調査しました。その結果、1日6食の食習慣を実践した人は、体重は変わらなかったものの、糖化ヘモグロビンと経口ブドウ糖負荷試験後の血糖値が低下し、血糖値のコントロールが改善されたことがわかりました。また、糖尿病予備軍においては、インスリンの異常高値の頻度が減少し、糖質を摂取した後に血糖値がピークに達するまでの時間が短縮されました。

また、1日6食を食べることで、すべての参加者において空腹感や食欲が抑制されたようです。

著者らは、「減量は高血糖管理の重要な戦略であることに変わりはないが、カロリー制限食を遵守する動機付けが十分でない場合には、より頻繁で少量の食事などの食事療法が有効な可能性がある」と結論づけました。「本研究では、1日6食と3食を比較することで、早期T2Dの肥満患者の血糖コントロールを向上させることができ、糖尿病患者の食後の血糖調節を改善および/または安定させる可能性があることを示しています。

とはいえ、この研究の限界は、このアプローチが体重減少の万能薬ではないことを示唆しており、その後の研究では、これらの主張を支持するものも否定するものもあります。

食事の頻度に関する論文

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1814文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師