人工甘味料は砂糖よりも健康的?がんとの関係性は

  • 作成:2021/10/21

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年3月29日に掲載された記事「Are artificial sweeteners healthier than sugar or no?Here’s what experts think 」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

人工甘味料は砂糖よりも健康的なのか?がんとの関係性は

最初の人工甘味料であるサッカリンは、1879年にジョンズ・ホプキンス大学のアイラ・レムセン教授が、実験室でさまざまな化学物質を試した後、手に甘い物質が付着していることに気付いたことから偶然発見されました。

サッカリンは、安価なこともあって瞬く間に大流行しました。特に、本物の砂糖が不足していた第二次世界大戦中に普及しました。

今日、人工甘味料は、ダイエットや無糖の食品や飲料の巨大市場の中心となっています。今日の人工甘味料の魅力は、価格の安さだけでなく、増大する肥満の脅威とそれに伴う健康への影響に対抗できる可能性があることです。

サッカリンは砂糖の200倍以上の甘さがありますが、カロリーはゼロです。では、砂糖をすべて人工甘味料に置き換えればよいのでしょうか?それとも、もっと考慮すべき要素があるのでしょうか?

私たちは8人の専門家に「人工甘味料は砂糖よりも体にいいのか」と尋ねました。意見が一致したのは63%の「可能性が高い」でした。ここでは、その結果をご紹介します。

人工甘味料とはどのようなもので、どのような働きをするのでしょうか?

人工甘味料は、砂糖のような甘い味を提供しますが、カロリーはありません。人工甘味料には、大きく分けて糖アルコールと高濃度甘味料の2種類があります。

糖アルコールは構造的には砂糖に似ていますが、代謝されにくく、高強度甘味料は砂糖の何倍もの甘さを持つ小さな化合物です。高濃度甘味料には、サッカリンやアスパルテームなどがあります。

人工甘味料は、カロリーがほとんどないとはいえ、不活性というわけではありません。人工甘味料は、口や腸にある甘味受容体のT1Rファミリーと相互作用し、代謝に影響を与えます。

また、腸内細菌叢を構成するバクテリアと相互作用することもあります。人工甘味料の種類によって、体への影響が異なる可能性があります。

人工甘味料とがんの関連性はありますか?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1957文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師