がん検診で「要精密検査」…不安や恐怖に振り回されないためには、検査と治療の流れを知ること

  • 作成:2021/10/13

乳がん検診を受けてから結果が通知されるまでは、少なからず心配なものです。いざ「要精密検査」の通知が来ると、誰でも不安で、再検査の日まで落ち着かない日を過ごすことでしょう。しかし、「要精密検査」の通知が来ても、必ずしも乳がんというわけではないのです。今回は、要精密検査の意味や、その後の検査や治療について乳腺専門医が詳しく解説します。

この記事の目安時間は6分です

がん検診で「要精密検査」…不安や恐怖に振り回されないためには、検査と治療の流れを知ること

実際に乳がんと診断される人は5~10%程度

乳がん検診で「要精密検査」と通知された人の中で、実際に乳がんと診断される人は5〜10%程度。意外と少ないと思いませんか? 9割以上の人は乳がんではなく、異常なし、または良性と診断されているので、過度に不安になる必要はありません。ただ、可能性が0ではない以上、私は必ず精密検査を受けて欲しいと思います。

精密検査では、多くは再度マンモグラフィ(乳房専用のX線撮影)や、乳腺エコー(乳房超音波検査)を行います。
乳がんを疑うような病変が乳腺エコーで見える場合には、「エコー下吸引細胞診」を行います。エコーで見ながらその病変に細い針を刺して細胞を取り、がん細胞があるかどうかを顕微鏡で見るものです。細胞診は細い針を使いますので、通常、麻酔を必要としません。しかし、採取できる量は少なく、診断が難しい場合もあります。その場合は、局所麻酔をしてもう少し太い針を刺す「組織診」が必要になります。

極めて小さい石灰化が見られるようなタイプの乳がんは、エコーでは見えないため、「マンモグラフィガイド下マンモトーム生検」を行います。マンモグラフィで撮影しながら病変の位置を確認し、乳房を挟んだまま局所麻酔をして太めの針を刺し、病変部位を採取する方法です。

これらの検査で診断がつかない場合は、局所麻酔をして病変を取り出す手術(外科的生検)を行い、本当にがんかどうかを診断する方法もあります。

がんと診断されたら、さらに詳しく調べて治療方針を検討

乳がんと診断された場合はさらに詳しく検査し、その後の治療方法を検討します。
CTで乳がんの状態、全身の転移の状態を調べたり、MRIで乳房内に乳がんがどのくらい広がっているかを調べたりします。必要に応じて、骨シンチグラフィ検査(※1)でがんの骨への転移を調べたり、ほかの検査では診断がはっきりしない場合にはPET検査(※2)を行ったりします。
また、血液検査で腫瘍マーカー(※3)なども測定します。ただ、腫瘍マーカーはあくまでも目安となるものであり、がんがあっても上昇を示さないこともあります。

※1 骨の組織に集まる性質をもった放射性医薬品を注射し、エックス線検査ではわからない小さな骨転移が確認する。
※2 放射性フッ素を付加したブドウ糖(FDG)を静脈から入れ、がん細胞に取り込まれたブドウ糖の分布を画像にして確認する。
※3 がんの診断補助や診断後の経過や治療効果を見るもの。血液や尿に含まれる特徴的なタンパク質を確認する。

がんの「標準治療」は、現時点で「最善の治療」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2426文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師