子宮頸がんはH P Vワクチンで予防できる 定期検診で早期発見を

  • 作成:2021/11/12

子宮の入り口付近にできる子宮頸がんは、子宮がん全体の80~90%を占めます。最近は20~30歳代の若い世代に増え、ワクチンや定期検診への取り組みが求められています。

この記事の目安時間は3分です

子宮頸がんはH P Vワクチンで予防できる 定期検診で早期発見を

“ありふれたウイルスH P V”が起こす子宮頸がん

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(H P V)の長期間の感染が主な原因です。H P Vは、生活の中に存在するありふれたウイルスで、性交渉で感染します。女性も男性も、多くの人が一生に一度は感染するといわれています。
通常は、感染しても免疫機能によってウイルスは排除されます。しかし、ウイルスが排除されずに感染が長引くと、細胞ががん化して子宮頸がんを発症するのです。20〜30歳代後半という若い世代や、妊娠・出産の回数が多い人ほどかかりやすいともいわれています。

子宮頸がんの初期には、症状がまったくないのがほとんどです。ある程度進行すると、月経時以外の出血、臭いの強いおりものなどの典型的な症状が現れます。

20年前に比べ、若い世代の子宮頸がんが2~3倍に増えていることもあり、厚生労働省では20歳からの検診を推奨しています。婦人科検診に抵抗がある人は少なくありませんが、検診を受けることで子宮頸がんの早期発見につながるばかりでなく、子宮筋腫や卵巣の異常など、他の婦人科の病気がわかるきっかけにもなります。

証明されているH P Vワクチンの効果

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1788文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師