赤ちゃんのうちに体内時計を整える生活習慣を 良質な睡眠が得られる工夫とは

  • 作成:2021/11/11

こんにちは、医師の森田麻里子です。赤ちゃんの睡眠トラブルについての情報発信やアドバイス等を行っています。この連載では、夜泣きや、なかなか寝てくれない、朝起きるのが早すぎる、といったお悩みについて、解決のヒントをお伝えしていきたいと思います。 第2回の記事では、赤ちゃんの寝室環境についてお伝えしてきました。今回は毎日の生活で大切な、体内時計を整えるための生活習慣についてお話ししていきます。

この記事の目安時間は3分です

第2回の記事では、赤ちゃんの寝室環境についてお伝えしてきました。今回は毎日の生活で大切な、体内時計を整えるための生活習慣についてお話ししていきます。

赤ちゃんのうちに体内時計を整える生活習慣を 良質な睡眠が得られる工夫とは

スムーズな眠りの鍵は体内時計を整えること

朝になったら起きて活動し、夜になったらぐっすり眠る。そんなリズムを作るためには、赤ちゃんの体内時計を整える必要があります。

体内時計というのは、私達の身体の中にある時計のようなものです。脳の中や腸など、身体の様々な場所には、約24時間のリズムを刻む細胞が散らばっています。朝になったら目が覚めてきて、夜になったら眠くなってくるのも、それらの細胞の働きです。時間帯に合わせて適切に血圧や体温をコントロールしたり、ホルモンを分泌したりすることで、心地よく活動できるように身体の機能が調節されているのです。

実は多くの人は、24時間より少しだけ長いリズムの体内時計を持っています。本来ならそれを放っておくと、どんどん遅寝遅起きになってしまうはずですよね。私たちが意識しなくても、朝だいたい同じ時間に起きて夜眠ることができるのは、体内時計が毎日、地球のリズムに合うように『時刻合わせ』されているからです。

体内時計を整えるために欠かせない“光”

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2054文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師