医師が解説!安全で眠りやすい「赤ちゃんの寝室環境」はこうつくる

  • 作成:2021/10/19

こんにちは、医師の森田麻里子です。赤ちゃんの睡眠トラブルについて情報発信やアドバイス等を行っています。この連載では、夜泣きや、なかなか寝てくれない、朝起きるのが早すぎる、といったお悩みについて、解決のヒントをお伝えしていきたいと思います。

この記事の目安時間は3分です

第1回の記事では、赤ちゃんの睡眠時間についてお伝えしてきましたが、今回はもう一つ大切なポイント、寝室の環境についてお話していきます。

医師が解説!安全で眠りやすい「赤ちゃんの寝室環境」はこうつくる

赤ちゃんの寝室は真っ暗がおすすめ

寝室の環境で最も大事なのは、“光”です。光は、寝ている間にもまぶたを通して目に入ってきます。周囲が明るくなると、赤ちゃんが光を感じて起きてしまうこともあるので、寝室の明るさをきちんとコントロールすることは大切です。

ママ・パパのお話をうかがうと、夜中に授乳(ミルク)やおむつ替えなどのお世話が必要になるため、天井の豆電球(常夜灯)をつけたまま寝ている方も多いようです。しかし、実はこれはあまりおすすめできせん。

天井の豆電球からの光は、仰向けに寝ている赤ちゃんの目に直接入っていくことになります。また、豆電球の光は、思った以上に明るいのです。電気のついた明るいリビングから寝室へ行くと、十分暗く思えるかもしれませんが、少し時間が経って目が慣れてくると、部屋の様子はよく見えるくらいの明るさがあります。

夜中にずっと薄明るい環境で寝ていると、“起きる/寝る”のリズムを整えにくくなりますし、 睡眠が浅くなる可能性があります。できれば、赤ちゃんが眠る部屋は真っ暗にしてください。授乳(ミルク)やオムツ替えが必要な時だけ、 床置きタイプのオレンジ色のライトをつけていただくと良いでしょう。

赤ちゃんの早起きを防ぐ遮光カーテン

赤ちゃんはそもそも早寝早起きのことが多いのですが、4時、5時など早すぎる時間に起きてしまうこともあります。特に夏場など、日の出の時刻を過ぎて寝室がだんだん明るくなってくることで起こることが多いようです。このように、寝室に太陽の光が入って朝早く起きすぎるのを防ぐためには、寝室をしっかり遮光しておくことが大切です。

寝室に窓があれば、カーテンは遮光カーテンにするのがおすすめです。遮光カーテンにも1級、2級、3級など種類があり、1級でも遮光度合いには微妙な違いがあります。できるだけ暗くなるものを選んでみてください。

また、カーテンを遮光にしても、カーテンの上下左右の隙間から漏れる光で、赤ちゃんが起きることがあります。そのような場合は、ガムテープなどを利用して光が漏れる隙間を塞ぐと、朝もしっかり寝ていてくれるようになるでしょう。

適度な室温、静かな環境に寝室を整える

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1132文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師