夜泣きが親や子どもに与える影響は? 医学的に実証された「消去法」の寝かしつけを医師が解説

  • 作成:2021/11/14

AskDoctorsでは、子どもの病気やケアで親が悩みがちなポイントについて、小児科医の森戸やすみ先生に解説いただいています。連載第4回のテーマは「子どもの夜泣き、寝かしつけ」。子どもにはどのくらい睡眠が必要なのか、睡眠が足りないとどんな影響があるのか、そして科学的に実証された寝かしつけ方法について、じっくり教えていただきました。

この記事の目安時間は6分です

夜泣きが親や子どもに与える影響は? 医学的に実証された「消去法」の寝かしつけを医師が解説

子どもが寝ないのは、あなたのせいではない

子どもが夜に、なかなか寝てくれないと困る親御さんは多いですね。
生まれてすぐの新生児期の1日は、眠っているか母乳・ミルクを飲んでいるかのどちらかであることがほとんどで、あまり苦労することはないかもしれません。夜泣きや夜間覚醒は生後6~8ヶ月がピークで、3歳までに収束するという調査もあります。

「赤ちゃん 寝ない」で検索するととても多くの人が困っていることがわかりますし、育児相談・育児雑誌、Webの記事などでも「どうしたら赤ちゃんが寝てくれるか」というのは、常に話題です。ということは、今この記事を読んでくれている「我が子が寝てくれなくて苦労している」という人も、あなた自身のやり方が悪かったり、あなたに原因があったりするというよりは、子どもについての普遍的な困りごとだということでしょう。
あなたのせいではないと考えられると少し楽になりませんか?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2642文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師