急増する「梅毒」は最悪、死に至ることも…。痛くないしこりや腫れは発症のサイン?

  • 作成:2022/01/03

「もしかして、あの時……?」。自分の性器に痛みや痒みなどの異変があると、性感染症が不安になる方は多いかもしれません。AskDoctorsでは、産婦人科医の宋美玄先生に「性感染症の基本」を教えてもらうシリーズを連載しています。今回のテーマは「梅毒」。近年、患者数が増加しており、悪化すると命にかかわることのある病気です。

この記事の目安時間は3分です

急増する「梅毒」は最悪、死に至ることも…。痛くないしこりや腫れは発症のサイン?

梅毒は「過去の性病」でも「他人事」でもなくなった

こんにちは、産婦人科医の宋美玄です。
梅毒が性感染症であることはよく知られていますが、「過去の病気」だと思っている人が多いのではないでしょうか? 確かに、日本では江戸時代から戦前にかけて梅毒が猛威を振るっていたものの、戦後に特効薬のペニシリンが普及したことで患者数が激減。1990年代から2010年代初頭までは年間発症者数が1000人以下に抑え込まれ、過去の病気になったはず……でした。
ところが、2013年以降は急増を続け、2018年には7000人を突破。決して他人事ではない病気になりました。

梅毒の原因は「梅毒トレポネーマ」という細菌です。性行為の際、粘膜や皮膚の小さな傷からこの細菌が感染することで発症します。感染力が強く、感染者とコンドームなしでセックスをするとおよそ3割が感染するとされ、キスでも感染する可能性があります。

自然に症状は消えるが、静かに進行していく…

では、梅毒にはどんな症状があるのでしょうか?順を追って説明

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1631文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師