30代超えたら始めたい「栄養のマネジメント」とは

  • 作成:2022/04/24

人生100年時代を生き抜くためには、健康を“資産(アセット)”と捉え、自分で資産管理(アセットマネジメント)していく必要があります。しかし、“健康を管理する”と一口に言っても、一体何を管理すればいいのでしょうか。そこで、今回は“栄養のアセットマネジメント”について、行動変容外来で診療を行う横山啓太郎先生に解説いただきました。

横山啓太郎 監修
慈恵医大晴海トリトンクリニック 所長
横山啓太郎 先生

この記事の目安時間は3分です

30代超えたら始めたい「栄養のマネジメント」とは

栄養過多にならないために食事量・食事内容は徐々に変える

食事をする、栄養を摂るということは生きる上で必要不可欠なものです。しかし、この栄養を摂るということに対しては、残念ながら無頓着な人が多いのが事実です。

人は年をとるにつれて、活動量も少なくなり基礎代謝も落ちていきます。十代が頂点となりますから、本来であれば30代に入る頃には食事量も食事内容も、少しずつ変える必要があります。「まだまだ若者に負けない」とばかりに、大食、大量飲酒をするのは大間違い。徐々にでも食べ方を変えていかなければ、エネルギーの摂取過多でメタボリックシンドロームや糖尿病、脳・心筋梗塞などのほか、将来的に認知症や寝たきりのリスクが高くなってしまいます。

不思議なことですが、現代の医療は、65歳までは食事制限を、75歳を過ぎたら食べることをすすめられることが多くあります。65歳まではメタボリックシンドロームや糖尿病、脳・心筋梗塞対策が、75歳からは寝たきり防止対策が優先されるからです。これには大きな矛盾があります。

老化は突然起こるものではありません。徐々に進んでいくものですから、その対策も徐々に行う必要があるのです。

30代超えたら始めたい「栄養のマネジメント」とは

推定エネルギーの必要量(kcal/日)

30代から始めたい栄養アセットマネジメント

若い頃と変わりなく食べていたら太り過ぎに。一念発起でダイエットを始め「もう3kgやせたからいいだろう」とやめてしまい気づいたらリバウンド。ダイエット前の体重より太っていました。というのはよくあること。ダイエット期間に筋肉も落ち、代謝量も減ってしまっているので、無理はありません。

30代から上手に食事をコントロールする方法をご紹介します。カロリーの多いやめられないものや食習慣を5つあげてみましょう。たとえば、白米、お菓子、お酒、ジュースなど甘い飲み物、夜食など。この中で、2つやめられるものを選んでください。そして、残ったものを1日に同時に摂らないというルールを立てて下さい。白米もお酒もやめることはできないけれど、「今日は休肝日にしてお酒をやめてご飯を食べよう」とか、「お酒が飲みたいから今日はおかずだけにしよう」とか。全部やめてしまうのではなく、上手な摂り方でコントロールするのです。

また、食生活を見直すに当たって、参考となるのがWHOが推奨している「5つの食事のヒント」です。
(1)バランスのとれた食事を心がける
   穀類、肉類、野菜類、豆類、果物などまんべんなく摂ります。特に日本人はカルシ
   ウムや鉄、マグネシウム、ビタミン、食物繊維の不足が目立つので意識して摂りた
   いものです。
(2)塩分を減らす
   1日の塩分摂取量の目安は男性7.5g未満、女性6.5g未満(高血圧・腎臓病の人は
   6g未満)とされています。塩分を含有している調味料は、塩や味噌、しょう油ばか
   りではないので、注意したいものです。
(3)脂肪の摂り方に注意する
   マーガリンやドーナツなど、トランス脂肪酸は肥満、心臓病、脳卒中のリスクを高
   め、ラードやバターなどの飽和脂肪酸は動脈硬化を促進するので注意が必要です。
   一方で、魚や植物油に含まれる不飽和脂肪酸は、血圧を下げる、悪玉コレステロー
   ルを下げるなどの効果がありますので、積極的に摂りたい食品です。
(4)糖質を摂り過ぎない
   糖質を摂り過ぎると血糖値が上がり、糖尿病につながる恐れがあります。加工食品
   にも含まれているので注意が必要です。
(5)アルコールに注意する
   1日あたり、ビールなら中瓶1本(500ml)、日本酒なら1合、缶チューハイは1本
   (350ml、アルコール7%)、ワインは軽く1杯半(アルコール12%)が適量です。
   (厚生労働省「健康21」より)

1958年生まれ。1985年東京慈恵会医科大学医学部卒業。国立病院医療センターで内科研修後、東京慈恵会医科大学第二内科、虎の門病院腎センター勤務を経て、東京慈恵会医科大学内科学講座(腎臓・高血圧内科)講師、准教授、教授。2016年、大学病院として日本初の「行動変容外来」を開設、診療医長に。2019年には寝たきりのリスクを減らす新型人間ドック「ライフデザインドック」を慈恵医大晴海トリトンクリニックにてスタートさせた。日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本腎臓学会認定専門医、日本透析医学会指導医。主な研究分野は、慢性腎臓病の進展制御と合併症研究、Ca制御機構に関する研究、血管石灰化研究、生活習慣病行動変容。2021年から東京慈恵会医科大学 大学院 健康科学教授。

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

その他
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師