食べる量を減らすのではなく増やす?栄養の専門家が“目からウロコ”のアドバイス

  • 作成:2021/11/28

日々生きて行くために欠かせない食事。健康的な食生活を送るために心掛けたいことはどのようなことでしょうか。専門家からの目からウロコなアドバイスをご紹介します。

この記事の目安時間は3分です

食べる量を減らすのではなく増やす?栄養の専門家が“目からウロコ”のアドバイス

この記事を要約すると…

  • 米国栄養士会のメイプルズ氏が栄養状態を良くするために役立つ食事のヒントを紹介。
  • 食べる量を減らすのではなく、より良い食品をとることを目指しましょうとアドバイス。
  • ダイエット意識を捨てる、家族で食事をすることが大切、などのヒントが挙げられている。

※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxの記事「Expect dietary tips that every doctor should know」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

医学を成功させるためには、しっかりとした知識が必要であり、医師は様々な臨床業務において個々の能力を発揮しています。しかし、健康の重要な側面の一つとして、栄養学的なアプローチがあります。

専門家によると、家族で食事をすることは、栄養状態を良くするための一つの戦略だそうです。

Advances in Nutrition誌に掲載されたレビューによると、「栄養は、生涯にわたる健康増進や疾病の予防・治療に重要な役割を果たしています。医師をはじめとする医療従事者は、患者さんに栄養に関するカウンセリングを行うことが期待されていますが、最近の調査では、米国の医学部における医療栄養教育の改善はほとんどないと報告されています。」

綿密な栄養カウンセリングは自分の専門分野ではないかもしれないので、登録栄養士と協力して患者さんをサポートするのが賢明かもしれません。そこで、米国栄養士会(Academy of Nutrition and Dietetics)の広報担当者であるイザベル・メイプルズ氏(MEd, RDN)に、患者さんと医療従事者の双方に役立つ食事のヒントを聞いてみました。目からウロコのアドバイスでした。

食べる量を減らすのではなく、増やす

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2185文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師