コレステロールを下げる食事療法 ほとんどの人が知らない「プリティキンダイエット」とは

  • 作成:2021/11/15

歴史があるにもかかわらず、多くの人に知られていないプリティキンダイエット。研究ではコレステロールを下げることが実証されています。どのような食事法なのでしょうか。

この記事の目安時間は6分です

コレステロールを下げる食事療法 ほとんどの人が知らない「プリティキンダイエット」とは

この記事を要約すると…
・「プリティキンダイエット」は心臓を守ることを目的としたダイエット法。
・心血管疾患の予防と治療のためにコレステロール値を下げる食事療法として考案した。
・血糖値をコントロールすることから、糖尿病の予防にもなるダイエット法としても注目されている。
・リスクもあるため、メリットがリスクを上回るかどうかを検討することが重要。

※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxの記事「Is this little-known diet the secret to cholesterol woes?」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事です。内容の解釈は原文を優先ください。

ケトジェニック・ダイエット、パレオ・ダイエット、アトキンス・ダイエットがSNSを席巻しているように感じることがあります。しかし、プリティキンダイエットはどうでしょうか?コレステロール値を下げるこの食事法は、40年以上の歴史がありますが、昨年春にJAMAに掲載された論文によると、その健康効果が実証されているにもかかわらず、他の流行の食事法に比べてあまり知られていません。

プリティキンダイエットをご存知ですか?40年以上前に開発された、心臓を守ることを目的としたダイエット法です。

実は、プリティキンダイエットは、医師をはじめとする心臓の健康を求める人たちに適しているという大きな実績を持っています。しかし、プリティキンダイエットとはどのようなものなのか?どんな効果があるのか?また、プリティキンとは何者なのか?

プリティキンダイエットの起源

1915年にシカゴで生まれたネイサン・プリティキンは、大恐慌の初期に大学を中退し、発明家やエンジニアになりました。キャリアの前半は、ゼネラル・エレクトリック社、ハネウェル社、コーニング・グラス社、ベンディックス社などのためにアイデアや製品を開発していました。20世紀のイノベーターは、最終的に20数件の特許を取得しました。

彼が栄養学に目を向けたのは、40代になってからでした。1957年、彼は心臓病と診断されました。しかし、当時、ほとんどの医師は心臓血管の問題に食事が重要な要因であるとは考えていませんでした。2年間の研究の末、プリティキンは自分の食生活が原因で心臓病になったと確信しました。彼は残りの人生をかけて、食生活が特定の病気のリスクに直接影響することを広めるために努力しました。

その中で、プリティキンは、コレステロール値を下げるための食事と運動の方法に着目しました。1979年に出版された『The Pritikin Program for Diet & Exercise』は、彼の最も偉大な業績となっています。

プリティキンダイエットとは?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2255文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師