NO IMAGE

リボトリール錠0.5mg

中外製薬
NO IMAGE

脳のベンゾジアゼピン受容体に作用し、脳の興奮している状態をしずめ、てんかん発作(けいれん、意識消失など)を抑えます。通常、小型( ... 続きを見る 運動)発作、精神運動発作、自律神経発作の治療に用いられます。

製品一覧

  • 0.5mg1錠
  • 1mg1錠
  • 2mg1錠
  • 0.1%1g
  • 0.5%1g

関連するQ&A

Q

78歳「うつ」発症3年経過、悪化又は別の病気の疑い

person 70代以上/女性 -

78歳母、3年前ペースメーカー埋込手術を受けた。手術後心臓は問題ないが、術後の病院の対応がきっかけでうつ発症、一時期はせん妄により暴れるため隔離病棟に1か月収容し現在は通院治療中。室内での家事、簡単な食器洗いや洗濯程度はできるが外出は困難。意志がなく受け身、喜怒哀楽がない。顔も洗わず入浴もせず終日ベッドに横になっている。過去精神科を4回変更、現在の医師は、うつはあるがそれだけではない、認知症はない様子だが判断が難しいとのこと。発症後2年経過の間、多少の投薬変更や調整はあれど大きな変化はなかったが、1か月前これまでと異なる薬が処方された途端急激に状態が悪化した。 (心臓用にはカンサデルタン8mgベザフィブラート200mgフロセミド20mgエリキュース2.5mgを常用。)精神科は以下のような処方の経緯です。 1 朝:なし 就寝前:オランザピン錠2.5mg+リボトリール1mg+(不眠時)ニトラゼハム5mgx0.5錠 2 朝:アリピプラゾール3mg 就寝前:オランザピン2.5mg 3 朝:アリピプラゾール3mg 就寝前:オランザピン2.5mg+ベルソムラ15mgx1 上記で低空飛行ながら1年過ごしてきたが、この6月に 4 朝:アリピプラゾール3mgx1就寝前:ベルソムラ錠15mgx1にして以降、体中がそわそわする、言って部屋中を一日中歩き回り、極度の不眠、完全に表情を失い呂律も回っていない。ふらつきが酷く歩行困難。急遽、4にオランザピンを追加したが改善されないため、更に副作用止めも処方した5を服用したが、むしろ悪化に見える。 5 朝:アキネトン1mgx1 夕:アキネトン1mgx1 リボトリール0.5mgx1 就寝前:ベンザリン5.5mg x2 受診している精神科は問診のみの対応です、光トポグラフィーなどは判定に効果はありますか、まずは正確な病名を知りたいです。   (70代以上/女性)

5名が回答 うつ(鬱)
Q

薬ジアゼパム離脱症状と貧血について

person 30代/女性 -

産後パニック症となり、今年五月中旬より、セルトラリン 、ジアゼパムを服用しています 産後に赤血球が小さいとの事、手足がムズムズする事で 鉄剤も服用してます セルトラリン は徐々に増やしていき、25mg→現在は50mgを二錠飲んでいます ジアゼパムは5月中は2mgを二錠、六月中旬より2mgを一錠に減薬し、7月から全く飲まなくなりました 同じ時に血液検査の結果、ギリギリの数値ではあったものの、鉄剤はストップとなりました ジアゼパムをやめて二週間ほどは調子がよかったものの、そのころ産後初めての生理が来て生理の終わりかけから脱力感、足がピクピク動く等の症状が現れ、医師に相談したところ、鉄剤が足りないとの事で鉄剤をまた服用していますが 足のピクピクがどんどん酷くなりついにはまったく眠れないのがここ四日ほど続いています 医師は鉄不足との事でしたが、ジアゼパムの離脱症状ではないかと心配しています 医師にその事を相談すると、ジアゼパムを辞めたら離脱症状は二、三日で出るから二、三週間大丈夫だったら離脱ではないかな、おそらくここ最近の暑さでの脱水や、ストレスなどでムズムズ足が酷くなったのではとの事でした ジアゼパムは一ヶ月半ほどの服用でしたが、離脱症状って出るものですか? それと、今の症状を伝えたらリボトリール0.5mgを処方されましたがてんかん薬と依存性の事を考えると躊躇してしまうのですが飲んで大丈夫でしょうか? やはり、足のピクピクの原因は生理の後からの症状なのでやはり鉄不足のせいなのでしょうか? ちなみに、血液検査の結果、鉄剤やめる前は赤血球の大きさは84 フェリチン値は55 調子悪くなってからは赤血球の大きさは76になってました(産婦人科の検査でしたのでフェリチンははからなかった) 悩んでます、教えて下さい (30代/女性)

7名が回答 検査・薬
Q

3年前にリボトリールをやめてから呼吸が苦しい

person 50代/女性 -

薬の離脱症状で呼吸が苦しいです。こうなった経緯は以下の通り。 ========== 3年半前、偏頭痛が1週間近く続いたので点滴を受け、肩こりからの頭痛と判断され「リボトリール」が処方された。 1年間0.5mを朝夕1錠ずつ飲んでいた。当時は呼吸に影響はなく頭痛も落ち着いていた。 1年間飲んだ後、他の病院で「リボトリールはてんかんの薬なのでやめていったほうがいい」との指摘を受け、減薬を始めた。 減薬開始3日後あたりからめまいがひどくなり、口元の痺れや指先の震えが始まり、リボリトールを処方した内科にいったところもう一度飲むように言われ、その場で飲んで30分しないうちに症状は消えた。 その後再度自己流で減薬を始めたが、薬が消えてくると動悸・頭痛・呼吸に異変がおこった。 苦しくなるたびに飲むという繰り返しをし、耳鳴りもでてきた。 朝一錠のんでも夕方には苦しくなるので0.5を半錠にし4回に分けて飲んだ。 苦しいときに診てもらったが、酸素濃度は問題ないと言われた。 メンタルクリニックにも行ってみたが症状を説明したところ、専門外だと受付で断られた。 その後他の病院でリボトリールの代わりにコンスタンを飲むことを勧められたが、ふらつきがひどくなり耳にも異変があったため、結局リボトリールも追加してコンスタンと両方を飲むようにした。 喘息持ちなのでその影響なのか、更年期での動悸なのかはわからない。 呼吸がかなり苦しい時は喘息で使用するツロブテールを貼ったりしているが苦しさは治らない。 今年の4月から他の病院に行っており、セパゾン1mgを起床後に半錠、10時過ぎに1/4錠、13時に1/4錠、苦しくなるたびに1/4錠を飲んでいる。 1日の量は2錠〜2錠半くらい。 (50代/女性)

5名が回答 検査・薬

このお薬の分類

薬効分類
抗てんかん薬
メーカー
中外製薬