「食間」っていつ?薬を飲む正しいタイミング

  • 作成:2021/08/16

薬の用法には「食後」や「食前」の他にも「食間」というものがあります。これはどういうタイミングで飲む薬のことでしょうか? ※この記事は医師監修のもと、作成しております

アスクドクターズ監修ライター アスクドクターズ監修ライター

この記事の目安時間は3分です

「食間」っていつ?薬を飲む正しいタイミング【医師監修】

Q.「食間」の薬は、どんなタイミングで飲めば良い?

A.食事と食事の間、つまり「食後でも食直前でもないタイミング」で飲む薬です。

「食間に飲む薬」と言われると、食事の最中に薬を飲むことだと勘違いしてしまう人は多いですが、「食間」とは食事中ではなく、食事と食事の間のことを意味します。

「食間」の本来の意味
「1日3回、食間に服用」という薬は本来、朝食と昼食の間、昼食と夕食の間、夕食と朝食の間にそれぞれ3回服用する、ということになります。“間”とは、ちょうど中間くらいのことを指しますので、朝食を7時、昼食を12時にとる人の場合、9~10時くらいが「食間」ということになります。「食事の最中」という意味ではないことに注意してください。

「食間」の実用的な認識~食事の前後2時間くらいを避けて服用する
そもそも「食間」で服用する薬というのは、こうした食事と食事の厳密な中間の時間帯に服用しなければならない、というものではなく、「食後や食前を避けた方が良い」という意味あいの強いものです。そのため、食事の前後2時間くらい(お腹がいっぱいの時と、お腹が空いているとき)を避けて、ちょうどお腹が落ち着いているタイミングで飲む、と認識してもらえれば基本的に問題ありません。これを踏まえると、各々の生活リズムに合わせて、下記のような服用のタイミングが考えられます。

※朝食が7時、昼食が12時、夕食が20時、就寝が24時の人
1回目:朝と昼の間、9~10時ころ
2回目:昼と夕の間、16時ころ
3回目:寝る前、24時ころ

※朝食が9時、昼食が12時、夕食が21時、就寝が22時の人
1回目:朝と昼の間、10時ころ
2回目:昼と夕の間、16時ころ
3回目:寝る前、22時ころ

※朝食が10時、昼食が14時、夕食が22時、就寝が24時の人
1回目:朝と昼の間、12時ころ
2回目:昼と夕の間、18時ころ
3回目:寝る前、24時ころ

なぜ「食間」でとる必要があるのか?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り449文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師