子どもの1日3回の薬、「お昼」に飲めない場合はどうすれば良い?

  • 作成:2021/12/09

子どもの薬を、1日3回毎食後に 飲むように指示された場合、幼稚園や保育所に行っている時間帯の「昼食後」の薬をどうすれば良いか、悩む親御さんも多いと思います。このとき、自己判断で1日2回に飲み方を変えてしまったり、あるいは朝や夕にまとめて2回分を飲んでしまったり・・・といったことをされる方もおられますが、こうした自己判断による飲み方は、薬がきちんと効かなくなるだけでなく、思わぬ副作用の原因にもなります。 薬の種類によっては、「昼食後」にこだわる必要のないものもありますので、「お昼の薬を飲むタイミングが難しくて困っている」という旨を、ぜひ薬局で薬剤師に相談してください。

この記事の目安時間は3分です

子どもの1日3回の薬、「お昼」に飲めない場合はどうすれば良い?

薬の飲み方を勝手に変えてはいけない理由~薬の「用法・用量」は何のためにあるのか

一般的に、薬を飲むと薬の有効成分は血液中に吸収され、全身を巡ってその効果を発揮します。このとき、血液中の薬の濃度は、適切な高さに保つ必要があります。もし薬の濃度が低すぎれば薬は本来の効果を発揮せず、薬の濃度が高すぎれば、中毒症状を起こしてしまうことになるからです。薬を安全かつ効果的に使うためには、この“血液中の薬の濃度が適切になるような使い方”をする必要があります。これが「用法・用量」で定められた使い方です。

そのため、医師や薬剤師から指示されたものとは異なる使い方、自己判断で薬の飲み方を変えてしまうと、薬の効果が十分に発揮されず病気の治療に支障を来たしたり、本来は起こらなかったような副作用を起こしたりする原因になります。

特に、子どもで使うことの多い抗生物質・抗菌薬(※細菌を退治する薬)は、薬のタイプによって、少しずつこまめに飲んだ方がよく効くものと、1日の薬をできるだけ1回にまとめて飲んだ方がよく効くものとがあります。抗生物質・抗菌薬の飲み方を下手に変えてしまうと、しっかりと細菌を退治できず、薬が効きにくい「耐性菌」を生み出す原因にもなりますので、非常に危険です。

「食後」でなくても良い薬もある~1日3回のタイミングのとり方

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り912文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師