「聞いてないよ」「治療を後悔…」がんの重い後遺症~自らも経験した医師の場合は?

  • 作成:2021/10/09

がん自体の症状はもとより、治療の副作用や後遺症も患者さんを悩ませる問題です。よく知られる脱毛や吐き気のほか、口内炎、手足のしびれ、痛み、皮膚障害など、さまざまな影響が生じます。患者さんによっては、副作用や後遺症が辛すぎて治療を後悔する人も…。子宮頸がんのサバイバーの田所園子氏は、自身の経験を振り返りながら、「患者さんは冷静に自分の治療を〈知る〉ことが大切」と呼びかけます。

この記事の目安時間は3分です

「聞いてないよ」「治療を後悔…」がんの重い後遺症~自らも経験した医師の場合は?

手術の影響で排泄障害。「このままだったら…」と泣いた日々

私は41歳の時、子宮頚がんになり、広汎子宮全摘術を受けました。子宮のほか、卵巣や腟の一部、子宮周辺の組織、リンパ節も摘出する大きな開腹手術です。

術後の後遺症は、私の生活に支障をきたしました。例えば、手術の影響で腸の動きが悪くなり、慢性的なひどい便秘症になりました。また、手術による膀胱周囲の神経損傷で排尿障害が残ってしまいました。50個以上のリンパ節を摘出したので、リンパ浮腫になる可能性があることもずっと気がかりでした。
当初は辛くて、毎日泣いていました。他人には見えないものの、変わってしまった自分の体や身体機能に「このままだったらどうしよう」「もっとひどくなったら?」と不安を抱えながら生きてきました。

診察の時、主治医に相談したこともありますが、「工夫しながら生活することが大切ですね」と言われました。そこから10年という時間がたち、自分なりに工夫を重ねてきました。例えば、食事量を減らし、食事回数を増やすことで便秘症を改善することができました。排尿障害の克服はまだできていませんが、トイレに行く時間を決めたり、姿勢を工夫したりすることで少しは過ごしやすくなりました。「うまくつきあうこと」がコツだと思っています。

今では「後遺症による不都合は、命と引き換えに自分が失ったもの」と理解しています。後遺症を自分の一部として受け入れられたように感じるのです。

女性生殖器のがんで手術を受けた際の後遺症は、妊娠の可能性なども含めセンシティブな一面があり、患者さんが一人で抱えがちです。でも、周囲の人がその辛さを知るだけでも、患者さんにとっては救いとなります。
私は、自分ががんになってから知りたかったことを、患者さんやその周囲の人たちに、しっかり伝えていきたいと思っています。

医師の説明が記憶に残っていない患者も

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1565文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師