うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟− 発達障害の「告知」…子ども自身にいつ、どうやって伝える?

  • 作成:2021/10/17

こんにちは。発達障害ファミリー父の、外科医ちっちです。 子どもたちに違和感を覚えてから5年。ようやく「自閉スペクトラム症」の診断がつきました。 今回のテーマは「発達障害の告知」です。子どもにいつ、どう伝えるか? 伝える方法について考えるきっかけは、長女の言った「わたしは障害者なの?」という言葉でした。

この記事の目安時間は6分です

本人が受け入れやすい? 告知の2つのタイミング

一般的には、次の2つの時期が考えられます。
①中学校1~2年ごろ
理由としては、ある程度、理解・分別もつき、かつ受験などのイベントまで少し期間があるから。
②物心ついた時
理由としては、療育に通ったり、療育手帳を使用したり、通級(※)などで「周りと少し扱いが違う」ことを幼少期から本人たちは感じているから。

※小中学校で通常の学級に在籍しながら、障害や特性に合わせた特別支援教育を受けられる制度。

伝える時期がいつであれ、親が子どものことで「暗く深刻」に伝えた場合、子どもは自分自身のことを責めたり、よりネガティブに受け止めたりする原因になってしまいます。
発達障害の人が持っている個性は、悪いことではありません。ただ、「一部のことが世間一般の平均よりかなり苦手」という一面です。この「かなり苦手」なことが、人との関わりや仕事、勉学など日常生活に影響する部分に出た時に、「発達障害」や「自閉症」と呼ぶだけです。

告知の鉄則は、「明るく伝えること」。暗く深刻にはNG!

うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟−発達障害の「告知」…子ども自身にいつ、どうやって伝える?

たとえば、近視も極端に言えば「視覚障害」です。でも、それを伝えるとき、親はどう表現するでしょうか。いちいち真剣に話す場を作り、暗い表情で「お前は目に障害があるんだ」と伝えるでしょうか。

ほとんどの場合は、特に気張らず、本人に 「あー、視力落ちてきているね。まあ、漫画もゲームも面白いしなぁ。悪くなりやすいのかな。眼科に行って視力測ってもらって、眼鏡を作ろうか。今は黒板見えてるの?  席は前の方にしてもらう?」というのが一般的ではないでしょうか。

発達障害の告知に関しても、親から行う場合は、本人に不必要な自責の念を抱かせないよう、わかりやすく、明るく伝えることが大切だと思います。

大人が自分のことを話し合っている…。異変を察知した長女

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2111文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師