うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟− 長女に発達障害を告知したその後…。そして、長男にも告知した時の驚くべき反応

  • 作成:2021/10/30

外科医のちっちです。前回の記事では、当時小2だった長女いっちに自閉スペクトラム症であることを告知したときの話を書きました。今回は、告知後のいっちはどうなったのかと、長男にっちへの告知についてお話しします。

この記事の目安時間は3分です

発達障害の告知から1年後、本人の気持ちは

いっちは、子ども向けの自閉症に関する本のおかげで、自分が自閉スペクトラム症だと納得したようでした。
その後の診察の時に、いっちの発言など(自分で図書館に行って自閉症を調べたうえで、自分は障害者ではないと言ったこと)を児童精神科医に伝えました。先生は「本人の気持ちを尊重して、次回(2年後)の療育手帳の更新はやめてもいいかもしれませんね」ということでした。

その後1年ほど経って、本人に次回の更新をしたいかどうか尋ねてみました。
「手帳を持っていてどうだった? これからもあったほうがいいかな? 最近できることがたくさん増えて困っていることがないから(まだ少々あるけれど)、更新しても、しなくても、あなたの好きにしていいよ

するといっちは、「療育は楽しいから行きたいし、(手帳割引で)美術館とか行けるから更新しようかな」と、前向きな気持ちを持っているようでした。希望通りに手帳も更新しました。親としてもポジティブにとらえていることを知り、安心しました。

かんしゃくやパニックを起こしやすい長男への告知

うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟−長女に発達障害を告知したその後…。そして、長男にも告知した時の驚くべき反応

さて、いっちはなんとかなりました。一方、長男にっちに自閉症のことを伝えることは怖かったのです。
診断を受けた年長の頃は、些細なことで「殴る蹴る壊す暴れる」ことが多かったにっち。被害妄想も強く、なんてことない言葉も、すべて否定的にとらえて怒る子どもでした。
「あなたは自閉症だ」と伝える前に我々が予想した、にっちの反応は怒って暴れるだろうというものでした。

うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟−長女に発達障害を告知したその後…。そして、長男にも告知した時の驚くべき反応

さぁ暴れるにっちに、殴らせない、殴られない、そんな覚悟をして切り出します。
「あのね、にっちは自閉症という変わったところがあるんだ。にっちはほかの人より心が大きくて、まだ体が小さい今は持て余してしまっているみたい。だから、一回、嫌だなとか、怖いなとか思ってしまうと、その気持ちが大きくなりすぎて体が困ってしまう。
だけど、その分、嬉しいとか、面白いとかのいい気持ちも沢山持てるよ」

イメージとしてその時に書いたイラスト↓

うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟−長女に発達障害を告知したその後…。そして、長男にも告知した時の驚くべき反応

人それぞれの個性だし、手帳は色々お得だし

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1066文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師