うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟— 4歳次男の不登園と引きこもり。園長の「ある一言」が氷解のきっかけに〈後編〉

  • 作成:2022/01/15

日に日に冬が近づいてきましたね。外科医のちっちです。前回(前編)は次男さんちに突然始まった不登園とひきこもりについてお話ししました。妻と2人で悩む中、夫婦で出した答えは…後編は我が家の解決方法をご紹介します。

この記事の目安時間は3分です

不登園の対策は「何もしない」を極める

自閉傾向のある次男さんち。喘息の発作で1週間、幼稚園を休んで以降、不登園が始まりました。
最初のうちは、意識的に「せめて散歩くらいは」と、本人はあまり気が進まない中、誘ったりしていました。しかし、むしろ悪化していく様子だったので散歩にも行かず、完全に引きこもり生活になりました。

うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟—4歳次男の不登園と引きこもり。園長の「ある一言」が氷解のきっかけに〈後編〉

色々と考えすぎて疲れたので、私は仕事に集中し、妻は特別に何かをしないことを徹底しました。幼稚園どころか、外は行かないのが当たり前。この頃のさんちは、コロッケと動画に強いこだわりがあったので、言われたらコロッケを買って食べさせる、動画を見せる。これだけです。

うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟—4歳次男の不登園と引きこもり。園長の「ある一言」が氷解のきっかけに〈後編〉

「焦ってはいけない」という大原則に従っていたものの…

引きこもって2カ月くらい経ってからは、少しずつ家の外に出られるようになったので、幼稚園の話題は出さず、動画以外のさんちのやりたいことを積み重ねていきました。

  • 遊園地に、はっは(妻)と2人で行った
  • ドクターイエローの通過時間を調べて、新幹線の駅まで見に行った
  • 公園まで行って、とんぼ返りで帰った
  • 忍者が好きなので、忍者ショーを見に行った

このやりたいことを引き出すのも、なかなか苦労しました。
なぜなら、さんちは完全に自分を閉じて、 自分の世界に入っていたからです。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1585文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師