うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟— 前兆なし。突然始まった不登園…ひきこもりになった4歳次男〈前編〉

  • 作成:2021/12/31

こんにちは。みなさん、毎日の子育てお疲れ様です。外科医のちっちです。今回は、我が家の次男さんちに起こった “不登園”をテーマにしたいと思います。 令和元年度の小・中学校における不登校の児童・生徒は約24万人です。学年が上がるほど増えていき、不登校もしくはその経験者は、どのクラスにも1人や2人いる計算に。子どもがなまけているわけでも、親の愛情不足でもない。誰が悪いわけでもない。誰にでも起こりうることなのです。

この記事の目安時間は3分です

登園はおろか、1階のポストに行こうとするだけで大暴れ

次男さんちは、人懐っこく明るい性格です。3番目ということもあり、姉と兄が怒られているのを見て、事前に回避したり、ニッコリ笑って「ま、いっかだよぉ?」とごまかしたりなど、人間関係のこなし方が上手いと感じる子どもです。
自分の世界に没頭していることが多く、2歳にして勝手に一人で散歩に出かけてしまい、警察に保護されたことも。やけどをしても黙って耐えて、翌日周りが気づいたこともあるくらい主張するのが苦手な子です。児童精神科医の診断は、自閉症の傾向はあるが、様子見とのことでした。
親側から見ると、「他人に予定を決められることが極端に苦手」な長女いっちや、「緊張するとかんしゃくを起こしてしまう」長男にっちよりも、精神的に安定していると思ってしまっていました。
そんな次男さんちは、3歳で幼稚園に入園するまでは、家庭でほとんどの時間を母親と2人ですごしていました。

うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟—前兆なし。突然始まった不登園…ひきこもりになった4歳次男〈前編〉

さんちが通う幼稚園として選んだのは、クラスメートが10人以下の小規模の園です。少ない人数だから、初めての集団生活の負担も少ないだろうと思ったのです。その見立て通り、行き渋りもなく、入園半年後の10月2週目まで皆勤賞でした。

うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟—前兆なし。突然始まった不登園…ひきこもりになった4歳次男〈前編〉

しかし、ある秋の日、さんちは喘息の発作で1週間欠席しました。症状の酷かった初日は座ってしか眠れず、入院も相談するほどでしたが、外来通院で何とか少しずつ改善しました。
やっと呼吸や咳が落ち着き、「そろそろ幼稚園行こうか?」と声をかけると、「もうちょっと休む」。そう答えることが1週間ほど続き、「あれ?」と思いつつ、朝誘っても断られることがさらに1週間。
「もしかして、これって不登園?」と思いつつ、とりあえず朝1回は、「今日は幼稚園はどうしようか?」と声をかけていました。その後も「まだいけないと思う」と繰り返し、休み続けるさんち。
症状は改善するどころか悪化し、幼稚園ばかりでなく、家のドアから出る事すら難しくなり、1階のポストに新聞を取りに行こうと抱っこするだけで、「いや!いや!家にいたい」と泣き叫んで嫌がります。
気づけば最初の欠席から1カ月が経とうとしていました。

うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟—前兆なし。突然始まった不登園…ひきこもりになった4歳次男〈前編〉

「どーが」と「ころっけ」。不登園とともに現れた強いこだわりとかんしゃく

引きこもって1カ月も経つと、家での時間を持て余してしまいました。
この時、我が家では初めてAmazonプライムでアニメを見せました。今まで主に見ていたのは、こどもちゃれんじのDVDだったので、終わりまでくれば「おしまい」を理解することができました。しかし、プライムビデオは終わりがありません。1時間、2時間と経過し…「そろそろやめようか」と声をかけるも、さんちは無視するか、「まだみる」。

これ以上は、さんちの目にも良くないと、iPadを取り上げると…私たちは驚きました。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り956文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師