「カプセル薬が飲み込めない」外して飲んではいけない理由と飲み方のコツ2つ

  • 作成:2021/10/06

カプセルの薬が苦手、という人は少なくありません。どうしても飲みにくい場合、全く飲まないよりはカプセルを分解して飲んだ方がマシ・・・ということはあるのでしょうか。

この記事の目安時間は3分です

「カプセル薬が飲み込めない」外して飲んではいけない理由と飲み方のコツ2つ

Q. カプセルが飲みづらいときは、分解して良い?

A. 分解して飲んではいけません。

カプセルを分解して服用すると、薬が必要以上に早く体に吸収されることで、副作用や中毒症状を起こしてしまうことがあります。または、体内において想定と異なる場所で薬が溶け出して 分解され、効き目が全く無くなってしまったり、あるいは強烈な苦味や匂いがしたりする場合もあります。自己判断では絶対に分解しないようにしてください。

薬が「カプセル」になっている理由

基本的に、「カプセル」は消化管の中ですぐには溶けず、じわじわとゆっくり時間をかけて溶けるように設計されています。そのため、カプセルの中に入っている薬は、ゆっくりと時間をかけて溶け出し、体に吸収されます。この結果、薬の吸収スピードが穏やかになり、薬の効果が長続きするというメリットが得られます。

「カプセル」を分解して、中身だけを取り出して服用するとどうなるかというと、薬は剥き出しになっているので、体にすぐに吸収されます。その結果、血液中の薬の濃度が一気に高くなることで、副作用を起こしたり中毒症状を起こしたりする可能性があります。また、薬が時間をかけて体内に吸収されるべきところを、一気に吸収されてしまうことで、効き目がすぐに切れてしまうことにもつながります。つまり、副作用が出やすくなって効き目はすぐ切れるようになる、ということです。デメリットしかありませんので、自己判断で分解しないようにしてください(※自己判断で薬に手を加えて使った場合、もし副作用が起きても補償の対象外となる可能性があります)。

「カプセル」に対する苦手意識を解消するためのコツ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り953文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師