高齢者が薬の副作用を起こしやすい、主な2つの理由

  • 作成:2021/10/24

薬には副作用が付き物ですが、その副作用は、若い人よりも高齢者の方が出やすい傾向にあります。そのため、昔からずっと飲んでいる薬、昔よく使っていた薬・・・といったものであっても、改めて服用した際に思わぬ副作用を起こすことがあります。こうした副作用を起こしやすくなるのはなぜでしょうか。

この記事の目安時間は3分です

高齢者が薬の副作用を起こしやすい、主な2つの理由

高齢者が薬の副作用を起こしやすい、大きな2つの理由

高齢者が薬の副作用を起こしやすい理由にはさまざまなものが考えられますが、大きな理由としては、下記の2点が挙げられます。
①いろいろな疾患を抱えていることが多い
② 腎臓や肝臓などの機能が衰えている

たとえば、高齢者では複数の病気を抱えている人が多いため、必然的にたくさんの薬を使うケースが増えます。使う薬の数が増えればそれだけ副作用のリスクは高くなりますし、また使う薬の組み合わせや持病との兼ね合いによっては、薬の副作用が出やすくなってしまうこともあります。
抱えているトラブルも“高血圧”や“糖尿病”のように治療が長期間に渡るものが多くなり、薬を使う期間が長くなることも副作用を起こしやすくする要因になります。
一方、薬は肝臓や腎臓で分解・代謝されて体の外へと出て行きますが、分解・代謝の能力は加齢によって確実に衰えていきます。そのため、同じ薬を同じ量だけ使ったとしても、若い人より高齢者の方が副作用が出やすくなるのです。他にも、体の筋肉量や水分量が少ないことから、若い人とは違った薬の分布(薬の体内における吸収や移動)のしかたをすることもあります。

日常生活の様々なところに、副作用リスクを高めるものがある

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り938文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師