日常的に起こる頭痛の原因は? タイプ別の特徴と対処法

  • 作成:2021/10/23

日本人の3人に1人が悩んでいるという頭痛。そのタイプや原因、症状はさまざまで細分化すると300種類以上にも分類されます。命に関わる病気による頭痛もあり、対処を間違えるとかえって悪化することもあります。改善の第一歩は、まず自分の頭痛がどのタイプの頭痛なのかを知ることです。

この記事の目安時間は3分です

日常的に起こる頭痛の原因は? タイプ別の特徴と対処法

緊急事態の頭痛と慢性頭痛を見分ける

頭痛は、大きく一次性頭痛と二次性頭痛とに分けられます。二次性頭痛は緊急に対処が必要な頭痛で、くも膜下出血、脳出血、脳炎など、脳や頭部の病気の症状として起こり、命に関わることがあります。下記のような状態のときは、すぐに医療機関を受診してください。

□突然、頭痛が起こった
□いつもの頭痛とは違う
□頻度や痛みが増していく
□50歳を過ぎて、はじめて頭痛が現れた
□頭痛以外に、物が二重に見える、発熱、吐き気、嘔吐、首周辺の硬直、手足のマヒ、ろれつが回らない、認知機能の異常などの症状がある

一方、一次性頭痛は“頭痛持ち”とも呼ばれる慢性頭痛で、一時的な脳の異常で起こります。頭痛の約9割は、この一次性頭痛で、症状の特徴から緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛に分けられ、それぞれきっかけや対処法が異なります。自分の頭痛がどの頭痛の可能性があるのか、次の表でチェックしてみてください。

慢性頭痛チェック表

日常的に起こる頭痛の原因は? タイプ別の特徴と対処法

(日本臨床内科医会「分かりやすい病気のはなしシリーズ11 頭痛」を参考に作成)

頭痛が起こるきっかけを知り対処する

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1447文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師