適度の飲酒は利点でも…アルコールが体に及ぼす思わぬ影響5つ

  • 作成:2021/10/25

健康をめぐる最新のエビデンスや、様々な情報が各国で報じられています。この記事では、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMD Linxから、米国医師から特に反響の大きかった健康トピックスを翻訳してご紹介します。 ※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxに2021年1月13日に掲載された記事「Weird health risks,of drinking alcohol」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事となります。内容の解釈は原文を優先ください。

この記事の目安時間は3分です

適度の飲酒は利点でも…アルコールが体に及ぼす思わぬ影響5つ

多くの医師が患者の飲酒量を気にしていますが、これには理由があります。アルコールはさまざまな病気や社会的ストレスと関連しているからです。また、医師も人間ですから、自分の飲酒パターンにも関心があります。

大酒を飲むと酔うことはわかっていますが、それ以外にも体に思わぬ影響を及ぼすことがあります。

アルコール・リサーチ・グループによると、"実務家として、クライアントの飲酒習慣を評価する一つの方法は、現在の消費量を他の国の飲酒量と比較してもらうことである "としています。

CDCのNational Center for Health Statisticsが実施した調査によると、2018年、成人の5.1%が過去1年間に大量の飲酒をしたと回答し、15.5%が中程度の飲酒をし、45.7%が軽い飲酒をし、33.7%がアルコールを摂取しなかったと回答しました。

なお、この調査によると、軽度の飲酒とは週に3杯以下、中程度の飲酒とは男性が週に4〜14杯、女性が4〜7杯、大量の飲酒とは男性が週に14杯以上、女性が週に7杯以上と定義されています。本調査は、非入所者である一般市民を対象としています。

2020-2025年版「アメリカ人のための食事ガイドライン」では、法定飲酒年齢の男性は1日2杯以下、女性は1杯以下の摂取に抑えることが推奨されています。

まったくお酒を飲まないことは利点がありますが、適度に飲むことは健康にも良いのです。とはいえ、アルコールは体に思わぬ影響を与えることがあります。ここでは、その5つの例をご紹介します。

亜硫酸塩アレルギー

亜硫酸塩は、アルコール飲料や食品、医薬品に含まれる防腐剤の一種です。これらの化合物は、ごく少数の人に不耐性をもたらし、鼻炎や蕁麻疹、喘息患者の喘ぎなどの症状が現れます。アレルギーによる最も恐ろしい合併症はアナフィラキシーですが、幸いなことに、亜硫酸塩アレルギーを持つ人には稀なケースです。

重要なことは、亜硫酸塩アレルギーはスルホンアミド系抗生物質に対するアレルギーとは異なるということです。また、亜硫酸塩アレルギーの人は、硫酸モルヒネなどの薬や、石鹸やシャンプーなどの個人衛生用品に含まれる硫酸塩や硫黄を避ける必要はありません。

アレルギーのメカニズムとしては、二酸化硫黄を分解する酵素である亜硫酸オキシダーゼの一部が欠損している喘息患者がいます。また、皮膚反応のある人では、IgEを介したアレルギーが考えられます。

癌のリスク

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1440文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師