薬を飲んでいるときの飲酒は絶対にいけない?薬とお酒の関係

  • 作成:2021/10/11

薬を飲んでいるときの飲酒については、「飲まない方が良い」という話と、「少しくらいなら飲んでも大丈夫」という話の両方をよく耳にします。これは、どちらが正しいのでしょうか。

この記事の目安時間は3分です

薬を飲んでいるときの飲酒は絶対にいけない?薬とお酒の関係

Q.薬を飲んでいるときは、お酒を飲まない方が良いですか?

A. 1滴たりとも絶対に飲んではならないというケースはそれほど多くありませんが、基本的には飲まない方が良く、量や回数を控えた方が良いケースがほとんどです。

飲んでいる薬や、治療中の病気の状態によっては、厳しく禁酒した方が良い場合があります。医師から禁酒を指示されている場合は、必ずその指示に従ってください。一方、たしなむ程度のお酒であれば、そこまで問題にならない場合も多くあります。個々の状況によって適した回答は異なるため、かかりつけの医師や薬剤師に相談することをお勧めします。

お酒と飲み合わせの悪い薬はたくさんある

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1647文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師