「コロナ第5波」訪問診療医が見た在宅療養のリアル

  • 作成:2021/10/23

一時は日々の新規感染が5000人を超えた東京都内の新型コロナウイルス感染者も、最近では50人以下になるなど落ち着きをみせています。今回の「第5波」では「自宅療養者」が急増し、全国で10万人を超えました。入院が必要とされる中等症Ⅱの状態でも、感染者が入院できない異常事態に、全国各地で在宅医療を行う医師たちが往診に奔走しました。桜新町アーバンクリニック(世田谷区)の遠矢純一郎先生もそのひとり。訪問診療で見た在宅療養の実情と、この冬、予想される「第6波」への提言を聞きました。 (2021年10月4日にインタビュー。全3回の連載)

この記事の目安時間は3分です

「コロナ第5波」訪問診療医が見た在宅療養のリアル

第5波で急増した自宅療養者 その時現場は

東京都医師会が「第5波」に向けた対策づくりを、東京23区と都下の医師会に呼びかけたのは5月でした。訪問診療医である遠矢先生が感染者の往診をするようになったのは、いつからですか?

本格的に訪問するようになったのは、8月に入ってからです。世田谷区では当初、夜間・休日往診を専門に行う区外の医療法人など3社に、コロナ感染した在宅療養者の往診を業務委託していました。しかし、東京都からの要請もあり「地域を守るのは地域の医師の役目ではないか」と、世田谷区玉川地域で熱心に訪問診療を行う3クリニック(桜新町アーバンクリニック、ふくろうクリニック、GPクリニック自由が丘)が話し合い、在宅療養者支援の協力体制をつくって、何かあったら相談してくださいと保健所に申し入れました。

3クリニックはもともと在宅でのPCR検査や、発熱した患者さんへの往診を行っていたし、地域の訪問看護や薬局とも連携体制が取れていたので、コロナの自宅療養者への往診にも対応できるだろうと考えました。

でも、保健所からの依頼があったのは、5月から7月までは月1回くらい。潮目が変わったのが8月に入ってからですね。委託していた医療法人だけでは間に合わなくて、僕らにもどんどん依頼が来るようになり、訪問診療の合間を縫いながら、多いときには1日5~6軒の感染者宅を往診する日々が続きました。

あの時期は東京都のコロナ在宅療養者数は1万人を超えていました。世田谷だけでも、何千人という自宅療養者が出ていましたね。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1903文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師