医師に聞く新型コロナ「これまでからの教訓」は?

  • 作成:2021/12/15

新型コロナウイルスの「第6波」に備え、政府は公立・公的病院の専用病床化、病床使用率の向上などで新たな病床を確保。「第5波」の3割増の3・7万人が確実に入院できる体制を11月末までにつくるとしました。3回目のワクチン接種も12月から始め、経口治療薬の年内実用化をめざす、としています。しかし、楽観できないのが新型コロナ。国内の感染者は激減していますが、オランダやドイツでは感染が再拡大し、変異株「オミクロン株」が日本にも上陸しました。「第1波」が始まった昨年4月から、在宅でのコロナ感染の最前線に立ってきた、東京都新宿区の訪問診療医、英裕雄先生(新宿ヒロクリニック院長)に、第5波から学んだことと、第6波への「備え」を聞きます。(3回連載の第2回)

この記事の目安時間は3分です

医師に聞く新型コロナ「これまでからの教訓」は?

8月14日には、保健所、病院、開業医、訪問看護師、ケアマネジャー、地域のいろんな専門職が集まって会議をしていますね。新宿区のこういう連携はいつごろからできていたんですか?

新型コロナに関するネットワークは、昨年の9月から毎月1回開催し、今年の8月の段階で12回、回を重ねていました。これがあったおかげで基盤管理と情報共有につながりました。病院の先生方も、行政の方々も参加されていたので、それぞれの現場、立場からの発言を聞くことで、現場だけでは見えないことがたくさん見えてきました。

第5波の特徴ですが、若い人が多かったですね。先生のところも30代から50代が多かったとか。記憶に残るケースは?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2234文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師