医師に聞く「コロナ収束傾向の今こそ、しなければならないこと」

  • 作成:2021/12/16

新型コロナウイルスの「第6波」に備え、政府は公立・公的病院の専用病床化、病床使用率の向上などで新たな病床を確保。「第5波」の3割増の3・7万人が確実に入院できる体制を11月末までにつくるとしました。3回目のワクチン接種も12月から始め、経口治療薬の年内実用化をめざす、としています。しかし、楽観できないのが新型コロナ。国内の感染者は激減していますが、オランダやドイツでは感染が再拡大し、変異株「オミクロン株」が日本にも上陸しました。「第1波」が始まった昨年4月から、在宅でのコロナ感染の最前線に立ってきた、東京都新宿区の訪問診療医、英裕雄先生(新宿ヒロクリニック院長)に、第5波から学んだことと、第6波への「備え」を聞きます。(3回連載の第3回)

この記事の目安時間は3分です

医師に聞く「コロナ収束傾向の今こそ、しなければならないこと」

感染者数が減少に転じた今こそすべきこと

地域の感染対策はこれからが正念場になる、とおっしゃっていましたね。

幸いなことに、もうコロナはなくなっちゃうんじゃないかというほど感染者は減っているわけですが、そうした時期だからこそ、どんな波が来ても市民の社会生活が脅かされない体制をつくっていくことが何より大切だと思っています。もしかしたら使われることはないかもしれないけれど、そうした体制があることが、市民の社会生活を円滑にするためには必要かなと。今やワクチンもあって、まだまだ治療薬は使いにくいけれど、今後、内服薬も少しずつ用意されるという段階にきているので、適切な医療体制に結び付けていく体制づくりを、今こそしていかないといけないと思います。

オンライン診療も行いましたね。やってみて、いかがでしたか?

オンラインの診療はとりあえずとしては必要だし、濃密にできる部分もあると思いました。対面診療はオンライン診療よりもはるかに情報量が多いとよくいわれていますが、こと感染症に関していうと、PPEをつけていると聴診もままならない。むしろ、オンライン診療の方が時間をかけられたりするし、状況がわかる場合もあります。オンラインと対面診療の組み合わせは、相手の容態や診療の内容によって変わってきます。感染症にとっては、オンライン診療はかなり有用だったと私は考えています。

今後、新型コロナはどうなっていくと思われますか?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1282文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師