仕事のパフォーマンスや集中力を上げるには?外科医406人に聞いた“コツ”

  • 作成:2021/11/01

仕事や生活の中で、失敗できないときや集中力が必要なタイミングは意外と少なくありません。日々、患者と向き合い手術や診察を行う外科医は自身のパフォーマンスを維持し、高めるためにどのような工夫をしているのでしょうか。AskDoctorsでアンケート調査を行った結果をご紹介します。

この記事の目安時間は3分です

仕事のパフォーマンスや集中力を上げるには?外科医406人に聞いた“コツ”

半数の外科医が集中力アップのために行っているのは「適度な息抜き」

外科医406名に、パフォーマンスや集中力を高める上で実践していることについて複数回答で調査した結果はグラフの通りです。一番多く選択されたのは「適度に息抜き・リフレッシュをする」で、52.0%(211人)が選択。次いで「モチベーションの維持に努める」が31.5%(128人)、「作業効率が上がるような工夫を行う」が22.2%(90人)と続きます。

Q パフォーマンスや集中力を高める上で、実践していることはありますか(複数選択可)。(外科医406名が回答)

仕事のパフォーマンスや集中力を上げるには?外科医406人に聞いた“コツ”

この質問に加えて、自由回答で「パフォーマンスや集中力を高めるための秘策」も寄せていただきました。以下にご紹介します。

外科医が実践しているパフォーマンスアップの工夫

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り670文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師