なぜ薬剤師は、薬局で医師と同じことを聞くのか しっかり答えた方が良い理由は?

  • 作成:2021/11/05

病院で医師の診察を受けて処方箋をもらい、その処方箋を持って薬局へ行く・・・医薬分業が進んでこの流れは当たり前のように行われています。しかしこの時、「さっき病院で医師に聞かれたことと同じことを、また薬局で薬剤師から聞かれる」という経験をした人は多いと思います。一見すると、ただの二度手間のように感じるこのやりとり、いったい何のために行われているのでしょうか?

この記事の目安時間は3分です

なぜ薬剤師は、薬局で医師と同じことを聞くのか しっかり答えた方が良い理由は?

医師と薬剤師は、全く異なる視点で治療を見ている

基本的に、医師と薬剤師では専門が全く異なります。通常、医師は患者さんから聞き取ったお話や検査の結果から、その患者さんの不調やトラブルの原因はどういったところにあるのかを「診断」し、それをどう治療していくかという「治療方針」を決めます。どんな症状があるのか、その症状はいつから始まったのか、どんな時に強まるのか・・・つまり、医師が行う質問は、主に目の前にいる患者さんが「どんな病気かを見極める」、そして「どんな治療方針で進めるかを決定する」ために行われている、ということです。

医師が治療方針を決めたら、“どんな薬をどのように使うか”を記載した「処方箋」を発行しますが、薬局の薬剤師は、この「処方箋」を受け取るところから仕事が始まります。薬剤師は、その患者さんが「処方箋」に書かれた薬を使って治療を行うにあたって、何か大きなリスクに繋がることはないか、ということを確認します。どんな診断をされたか、他にどんな持病があってどんな薬を使っているか、日常的に使っている市販薬や健康食品・サプリメントはないか、場合によってはどんな職業に就いているか、どういった生活をしているか…つまり、薬剤師が行う質問は、主に目の前にいる患者さんが「この薬を安全かつ効果的に使うために何か問題はないか」を確認するために行われている、ということです。

そのため、もし同じような質問をされているように感じたとしても、その質問の意図や目的は大きく違います。より良く安全な治療を受けるために、面倒くさがらずにしっかりと返答することが大事です。

「良い治療」がたくさん重なった結果、「あまり良くない」事態になることも

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り796文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師