天下統一の陰で…側室の多さも関係か?豊臣秀吉の死因でよく聞く「腎虚」とは

  • 作成:2021/11/09

健康問題が人生を大きく左右するのは、今も昔も同じ。この特集では、歴史好きの女性医師馬渕まり先生が、歴史的な有名人物を悩ませた健康問題を解説し、そこから学ぶべき教訓や、歴史上の「if」を考えていきます。今回考察するのは豊臣秀吉です。

この記事の目安時間は3分です

天下統一の陰で…側室の多さも関係か?豊臣秀吉の死因でよく聞く「腎虚」とは

低い身分から一代で関白まで成り上がった男「豊臣秀吉」。そのサクセスストーリーは今もなお人の心を掴んで離さず人気のある武将の一人です。とはいえ以前に比べて人気がやや陰り気味、理由を考えてみると晩年の生きざまにあるのではないかと推察されます。
今回は秀吉の後半生にスポットを当て、病気や死因について考察いたします。

天下統一したときが秀吉のピーク?!

秀吉は尾張国中村(現在の名古屋市中村区)に生まれました。あれ? 初っぱなから「いつ」が抜けていますね。秀吉の生年には諸説あり、天文5年か6年(1536年か1537年)が有力です。信長や家康と違い、農民(または足軽とも)の出身であるため生年月日がはっきりしないのです。

15歳頃、今川家臣の松下家に仕えたのち、織田信長に仕官、短期間で敵の前に城を建てた「墨俣一夜城」や撤退戦でしんがりを勤め上げた「金ヶ崎の退き口」などで手柄をあげ、30代半ばで城持ちとなりました。織田信長が本能寺において謀反に倒れたあとは、明智光秀を討ち取り、信長の後継者争いに勝利し、本能寺の変の3年後には武家初の関白に。天正18年(1590年)の小田原城攻略でついに天下統一を成し遂げました。このあたりが秀吉のピークです。

天下統一の翌年、秀吉を補佐していた弟・秀長が病気で亡くなります。秀長は温和な性格で周囲の信頼も厚く、秀吉の欠点を補うような人物でした。同年秋には淀との間に生まれた待望の息子、鶴松が数え年の3歳で亡くなりました。
このあと、仲の良かった千利休に切腹を命じ、第2子が生まれたとはいえ、後継者であった豊臣秀次を妻子ともども処刑。2度の朝鮮・明への侵攻(文禄・慶長の役)は結局失敗に終わり、慶長3年8月18日(1598年9月18日)伏見城で亡くなりました。生年が不明なので推定年齢になりますが、62〜63歳での死去です。

秀吉の死因でよく言われる「腎虚」とは 有力なのは生活習慣病?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1752文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師