腹痛発作、薄墨色の尿…秀吉のあとを追うように逝った利家の死因とは

  • 作成:2021/12/15

前田利家は加賀藩の祖。ゲームや漫画などでもよく目にする武将です。大河ドラマの主役にもなりました。信長に小姓として仕えはじめて出世、秀吉の親友であり豊臣政権を支えた人物です。若い頃の血気盛んな話や、愛妻家で正室との間に子どもを8人もうけたなどなど、興味深いエピソードも多く根強い人気の武将です。今回はそんな前田利家について歴女医、馬渕まり先生にお話ししていただきました。

この記事の目安時間は3分です

腹痛発作、薄墨色の尿…秀吉のあとを追うように逝った利家の死因とは

織田信長に仕えた高身長の傾奇者

前田利家は尾張の土豪の家に生まれ、14歳頃から信長に小姓として仕えました。若い頃は「傾奇者(かぶきもの・風変わりな人の意)」であり、戦場でも派手な活躍をしていました。

まず身長が6尺(約180cm)と当時としてはかなりの高長身。そのうえ持参の槍は長さが6m30cmで、目立つように朱塗りにしていました。そんな長い槍で活躍できるの? とお思いかもしれませんが初陣から敵を討ち取り信長に賞賛されています。その後の戦でも槍で武功を挙げたため「槍の又左(またざ」の異名で讃えられました。

さて、順調に出世していた利家でしたが、信長の可愛がっていた茶坊主といさかいを起こし斬り殺してしまう事件を起こします。本来であれば厳罰のところを周りの取りなしで出仕停止処分に減罰され、浪人となりました。出仕停止処分中に勝手に参戦して首級(しゅきゅう・討ち取った首)をあげ、桶狭間では許されませんでしたが斎藤家との戦いで、無断参戦ながら手柄をたて、信長の元に戻ることとなりました。

利家はおなかが弱かった!?

ここから病気の話に入ります。江戸初期に、利家に近侍していた人物が記した「利家夜話」に食あたりをした記述が出てきます。鶴の汁で虫(腹痛)を起こした利家が、昔の話をする形式です。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1797文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師