うまくいけば5年間も生理痛や生理の出血から解放される!「ミレーナ」のメリット、デメリット

  • 作成:2021/11/14

生理痛や生理の出血量を減らすには、ピルを服用する以外に、子宮の中に器具を入れる方法もあります。最近タレントの方がSNSで紹介したこともあり「ミレーナ」という名前を目にしたことがある方もいるかもしれません。もともと避妊用に開発されたものですが、生理痛や生理の量が多い過多月経にも効果があるため保険適応にもなっています。ミレーナとはどういうものなのか、どういう時にミレーナを使うべきなのか、メリットやデメリットなど婦人科医が解説していきます。

この記事の目安時間は3分です

うまくいけば5年間も生理痛や生理の出血から解放される!「ミレーナ」のメリット、デメリット

月経困難症、過多月経は保険適用で「ミレーナ」を使える

ミレーナは「子宮内黄体ホルモン放出システム」といって、黄体ホルモンが少しずつ放出される器具の商品名です。T字型をした小さな器具で、子宮の中に留置すると黄体ホルモンによって子宮内膜が薄くなります。薄くなった子宮内膜では妊娠することができないため、避妊用として使用されていました。正しく使用した際の避妊の失敗率は、ピルを服用した場合は0.3%、ミレーナは0.2%です。ミレーナの避妊の効果はピルと同程度となっています。
子宮内膜が薄くなれば生理の量が少なくなり、さらに生理痛の原因となる物質「プロスタグランジン」の分泌も減少するため、生理痛も改善します。そこで日本では2014年から月経困難症、過多月経に対して保険適応となりました。

5年間入れっぱなし。ピルのような血栓症のリスクがない

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1347文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師