自分の体や健康状態に目を向ける健康マネジメントのコツは「小さな習慣作り」

  • 作成:2021/12/10

健康診断の結果が出たあと、多くの人は「今日から健康に気をつけるぞ!」と思うものです。休肝日を作ったり、タバコを吸っていた人なら禁煙するなど。しかし、これを長続きさせるのは簡単なことではありません。それは、長い時間習慣にしていたから。そこで、健康マネジメントのスペシャリスト、横山啓太郎先生に体によい習慣を無理なく続けるコツをうかがいました。

この記事の目安時間は3分です

自分の体や健康状態に目を向ける健康マネジメントのコツは「小さな習慣作り」

毎日自分の体について考え “ちょうどよい”を見つける

健康マネジメントでネックとなるのは、“習慣化”です。これまで自分の体や健康を考えることが少なかった人はなおのこと。
健康マネジメントを本格的に始める前に、まず自分の体や健康状態に毎日意識を向けるクセをつけましょう。そのきっかけづくりにおすすめなのは、生活の中に小さな習慣をプラスすること。次項の例を参考に何か1つやってみて、1週間も続かないようなら、迷わず別の習慣に切り替え、無理なく続けることを目指しましょう。3日坊主もすぐに他のことをやり始めれば、1年間で100回できます。
目標にすべき健康マネジメントが、自分の人生の目標になりうるのか、自身に腹落ちさせることがとても大切なことです。

自分の体や健康に意識を向けるための小さな習慣例

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1868文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師