なぜその健康法は続かないのか− 「健康に関わる4つのアセット」① アセットマインド

  • 作成:2021/10/18

「健康のためにやせなければならない」、「このままだと糖尿病になると言われたからダイエットが必要だ」口に出しては言うものの、3日坊主で続かない人は多いもの。だからこそダイエット本が巷にあふれているのです。何百種類も出ているダイエット本ですが、このような「やり方だけに目を向けたHow to本では、持続的なダイエットは不可能」と、行動変容外来を立ち上げた横山啓太郎氏は言います。どのように行動を変えればいいのか、まず健康に関わる4つのアセット(健康を財産とすること)から、アセットマインドについて解説いただきました。

この記事の目安時間は6分です

なぜその健康法は続かないのか−「健康に関わる4つのアセット」① アセットマインド

健康管理が長続きしないのは、その方法が自分に合っていないから?

ダイエットや生活習慣の改善など、健康法に取り組んでも長続きしないのは一時的に目を向けるだけで、「あり方」に目を向けていないためと私は考えています。
あらゆる行為は、「あり方=自分は何者か?何故それを行うのか?」と「やり方=どのようにアプローチするか?」によって定められています。生活習慣の改善などに取り組むとき、今まで医療従事者は、後者のやり方のみに目を向けてきました。

スタンフォード大学でBe wellプログラム作成に参画された近本先生によれば、生活習慣病の改善は、1960年代perceived threat(認知脅威)と次の4つの行動にキッカケが加わると達成できると考えられていました。

1)その病気にかかりやすいか?
2)その病気は大変か?
3)その対策は役に立つと思うか?
4)その行動に障害があるか?

しかし、この仮説は結核のレントゲン検査がモデルであり、生活習慣病にはそぐわないと思われています。
1回だけでなく、毎日やる必要のある生活習慣病管理には適応しません。

性格に合った方法で行えば継続的に健康管理はできる!

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り3291文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師