高血圧は「若い頃の運動量」と関連が どのくらい運動すれば予防になる?

  • 作成:2021/11/19

心筋梗塞や脳卒中の原因にもなる高血圧。高血圧が若い頃の運動量と関連することが研究でわかりました。どのくらいの運動をするのが良いのでしょうか。

この記事の目安時間は3分です

高血圧は「若い頃の運動量」と関連が どのくらい運動すれば予防になる?

この記事を要約すると…
・アメリカの研究で、高血圧を予防するためには、若い頃に高いレベルで運動し維持することが重要と示唆された。
・週5時間の運動をしている人は高血圧のリスクを大幅に低下させ、特に60歳まで運動習慣を維持した場合には、その効果が大きいことがわかった。

※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxの記事「Here’s how much exercise works best for keeping your blood pressure in check」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事です。内容の解釈は原文を優先ください。

心臓の健康のための運動は、人生の早い時期にピークを迎えないようにしたいものです。新しい研究によると、年齢を重ねても高血圧から身を守りたいのであれば、中高年になっても運動レベルを維持し、長い目で見ていく必要があります。

しかし、社会的な要因によって、これが他の人よりも難しい人もいることが、米国の4つの都市の5,000人以上を対象とした研究で明らかになりました。

「研究著者であるカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の疫学者Kirsten Bibbins-Domingo氏は、「10代や20代前半の人は身体活動が活発かもしれませんが、こうしたパターンは年齢とともに変化していきます。

運動が血圧を下げることは多くの研究で明らかにされていますが、今回の研究では、高血圧を予防するためには、「若い成人期に、これまで推奨されていたよりも高いレベルで身体活動を維持することが、特に重要である可能性が示唆されました」とBibbins-Domingo氏は述べています。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1572文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師