子どもの医療費、いつから自己負担?助成を受ける際に注意したいこと

  • 作成:2021/12/07

治療費や薬代といった医療費のうち、病院や薬局の窓口で支払うことになる自己負担の割合は、人によって様々です。中でも、子どもの場合は年齢によって全額が公費負担となる期間がありますが、この期間は住んでいる地域によって全く異なります。そのため、住んでいる市町村の外の医療機関にかかった場合や、引っ越しで住所が変わった際には注意が必要です。

この記事の目安時間は3分です

子どもの医療費、いつから自己負担?助成を受ける際に注意したいこと

子どもの医療費の自己負担が必要になるのはいつから?

日本の医療保険の制度では、義務教育就学前(小学校入学前)までは医療費の2割を自己負担し、義務教育就学後は3割を自己負担することで、医療保険による診療を受けることができます。さらに、全ての都道府県と市区町村が独自の制度を設けて、この2~3割の自己負担分に対する助成を行っています1)。ただし、その制度は各自治体によって異なるので、住んでいる場所によって子どもの医療費の自己負担が必要になる時期は異なります。

住んでいる場所によって自己負担が必要になる時期が違う

子どもの医療費にいつから自己負担が必要になるかについては、住んでいる場所によって異なります。例えば、東京都千代田区では15歳の年度末までの子どもへの自己負担分を助成していることから、中学生になるまでは自己負担なしで医療を受けることができます2)。一方、岡山県岡山市では、小学校就学前は自己負担がありませんが、小学生から1割(自己負担上限額44,400円/月)、中学生からは3割の自己負担を支払う必要があります3)

子どもの医療費の自己負担がいつから必要になるかを調べるためには、ご自身が居住している市区町村のホームページなどをご確認ください。

子どもの医療費の助成を受けるためには

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1134文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師