ひとり親の子どもの医療費、助成は受けられる?対象者や年齢の条件は

  • 作成:2021/12/28

ひとり親の家庭や両親のいない児童は、お金に困ることも多いかもしれません。特に、誰かが病気になれば「医療費」がかさみますが、必要な医療はきちんと受けたいものです。。そんな人が利用できる医療費の補助制度があるのをご存知でしょうか。 今回は、こうした家庭事情の人が医療機関を利用した場合、住んでいる自治体に自己負担分を助成してもらえる制度「ひとり親家庭等医療費助成制度」を紹介します。

この記事の目安時間は3分です

ひとり親の子どもの医療費、助成は受けられる?対象者や年齢の条件は

「ひとり親家庭等医療費助成制度」の対象者や年齢、助成範囲などは?

「ひとり親家庭等医療費助成制度」は、各自治体によって内容が異なるため、正確な情報はお住まいの自治体へお問い合わせください。今回は東京都福祉保健局と大阪府大阪市の内容を例に紹介します。

東京都では、「ひとり親家庭等医療費助成制度」は、ひとり親の家庭の母または父、両親のいない児童を養育している養育者、そして18歳に達した年度の3月31日(障害がある場合は20歳未満)までのひとり親家庭もしくは養育者に養育されている児童が対象です。

大阪市では、18歳まで(18歳に達した日以後における最初の3月31日まで)の児童と、これらの児童を監護する母もしくは父、または父母以外の養育者が対象です。

対象の中でも、家庭の所得が所得制限額以上である場合や、生活保護を受けている場合などは対象となりませんので注意してください。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1357文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師