医療費が払えるか心配なときに…「高額療養費制度」とは?

  • 作成:2021/12/28

病院や薬局の窓口で支払う医療費が高額になる場合、支払った医療費の自己負担分が支給される「高額療養費制度」があります。所得などによって制限はありますが、この制度を利用すれば、上限額を超えた医療費が後から戻ってきたり、事前に申請をしておくことで医療機関での窓口負担を抑えたりすることができます。

この記事の目安時間は3分です

医療費が払えるか心配なときに…「高額療養費制度」とは?

「高額療養費制度」とはどのような制度か

入院した際の食費や差額のベッド代、先進医療にかかる費用などを除いた医療費の中で、医療機関や薬局の窓口で自己負担する金額が、ひと月の上限額を超えた場合に、その超えた金額が「高額療養費制度」によって支給されます。

ひと月とは、月の初めから終わりを意味しており、入院が数ヶ月に及ぶ場合はそれぞれの月で医療費を計算します。上限額は、年齢や所得によって異なりますが、厚生労働省の資料に載っている例を用いて計算方法をご紹介します1)

<70歳以上・年収約370万円~770万円で医療費の自己負担割合が3割の場合>
100万円の医療費が必要になると、窓口の負担(3割)が30万円となります。ここから、高額療養費制度を利用すると、自己負担の上限額は87,430円(80,100円+(100万円-267,000円)×1%)となり、高額療養費として212,570円(30万円-87,430円)が支給されます。

窓口での高額な一時負担を減らす方法~限度額適用認定証

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1126文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師