産婦人科医が解説!妊娠中や授乳中にインフルエンザワクチンは接種できる?

  • 作成:2021/12/13

新型コロナウイルス感染症の拡大 が落ち着いている今、冬に備えて私たちができることの1つは「インフルエンザワクチンの接種」かもしれません。インフルエンザのワクチンは、接種してから抗体が 体の中にできるまでに約2週間かかります。そのため12月までにはワクチンを接種することがお勧めです。今回は、淀川キリスト教病院産婦人科医の柴田綾子先生が、妊娠中や授乳中のインフルエンザワクチン接種について解説します。

この記事の目安時間は3分です

産婦人科医が解説!妊娠中や授乳中にインフルエンザワクチンは接種できる?

1. 妊娠中のインフルエンザワクチン

妊娠中もインフルエンザのワクチンを打つことができます。インフルエンザのワクチンは不活化ワクチンといって、中にウイルスは含まれていません。そのため妊娠初期の方でもインフルエンザワクチンを打つことが可能です(1)
妊娠中にインフルエンザに感染してしまうと、重症化や入院するリスクが高くなっています。インフルエンザのワクチンを接種することで、妊娠中の入院を40%減少できたと報告されています(2)。また、妊娠中にインフルエンザのワクチンを接種しても、赤ちゃんの奇形・死産・流産などの増加は認められませんでした(3)。妊娠中にワクチン接種すると、お母さんの体の中で作られた抗体が胎盤を通じて赤ちゃんにも移行します。その結果、生まれてきた赤ちゃんも、インフルエンザに感染しにくくなることが報告されています(4)

2. 授乳中のインフルエンザワクチン

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1197文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師