痛みが取れて寿命が延びることも…。「緩和ケアへの誤解」を現場の医師が語る

  • 作成:2021/12/26

緩和ケア、緩和医療という言葉をご存じでしょうか。体の痛みや心の苦しさなどをやわらげ、患者さんの生活の質(QOL)を高める医療です。一般には「がんで治る見込みがなくなったら行く場所」のようなイメージがありますが、それだけが緩和ケアの役割はありません。緩和ケアの最前線で活躍する田所園子先生に、現場の様子について解説していただきました。

この記事の目安時間は6分です

痛みが取れて寿命が延びることも…。「緩和ケアへの誤解」を現場の医師が語る

医師でも緩和ケアを誤解していることがある

「緩和ケアは、がんで死ぬ人を看取る医療ではありません。
緩和ケアは一日一日を大切に最期まで生き抜くことを支える医療です」

これは私が患者さんやご家族に最初にお話することです。緩和ケアでできることをまずお話し、皆さんがもっているイメージを大きく変えることが目的です。
緩和ケア科へ紹介となる方の多くは「もう治療はできないから、緩和へ」と言われてきます。私の前に座る患者さんの中には怒りを抱えた方も多く、まずその気持ちを伺うことから始まることも多々あります。
「ずっと頼りにしてやってきたのに、最後はほとんど顔もみずに緩和へ行けと言われた」「治療しているときには『頑張りましょう』と言ってくれたのに、治療できなくなったらぽい!」といった話をされ、多くの方が見捨てられたように感じています。
そして緩和ケアには何の期待も持っておらず「死ぬまでよろしくね」とか「ここに来たらもう終わりですよね」いったようなコメントをされます。

医師でも緩和ケアを正しく理解されていないことがあり、私は「緩和ケアをやるなんて偉いね」「治らない人の相手をして楽しい?」などと言われることがあります。世の中の緩和ケアに対するイメージはまだまだ「死」を連想させるマイナスのイメージが強いようです。

患者が抱える問題を、話し合いながら解決していく

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り2385文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率99%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師