ママ友が「ワクチンは怖い」と言うけれど…様子見?早く打つ?小児科医の見解

  • 作成:2021/08/11

子育てをしていると、子どもの病気やケアに関する疑問が次々に生まれ、判断に迷うことがあります。そこでAskDoctorsでは、小児科医の森戸やすみ先生に「親が悩みがちなポイント」を相談し、医学的に解説いただく連載をスタート。第1回のテーマは「ワクチン」です。新型コロナウイルス感染症のワクチンは12歳以上の子どもへの接種も可能とされていますが、そもそもワクチンについては副反応などを心配する声もあります。ワクチンを受ける意義や、新型コロナワクチンへの疑問について教えていただきました。

この記事の目安時間は3分です

ママ友が「ワクチンは怖い」と言うけれど…【小児科医が解説】

ワクチンがない時代、乳幼児死亡率は今よりずっと高かった

子どもが生まれて改めて考えることになるのが、予防接種。お母さんは妊娠初期に感染症の検査をしますから、風疹などの抗体価が低かった場合は産後にすぐワクチンを受けましょう。産婦人科によっては、赤ちゃんが生まれて母子ともに退院する前に打ってくれることもあります。

日本では、生後2ヶ月から定期予防接種が始まります。一度に何種類もの予防接種を受けることもあり、「こんなに小さいのに、たくさん注射をするなんて……」と不安に思う方がいるかもしれません。でも、ウイルスや細菌は時と場所を選びません。「自己免疫力を上げる」ような有効な方法はないし、それで感染症を防ぐことはできません。

ウイルスや細菌が起こす感染症は、お子さんが小さいほど、亡くなったり重症化したりするリスクがあります。ワクチンがない時代、乳幼児死亡率は今よりずっと高かったのです。現在はワクチンがあり、感染することや重症化を防ぐことができます。実はそういったワクチンのある病気は少なく、RSウイルスやノロウイルスなどはワクチンも抗ウイルス薬もありません。せっかくの機会ですから、ワクチンを受けてお子さんを病気から守りましょう。

新型コロナのワクチンは、即席の開発ではない

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1024文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師