「処方薬」と「ドラックストアの薬」の違いは?注意すべき点も解説

  • 作成:2021/08/15

病院で処方される医療用の薬と、ドラッグストア等で購入できる一般用の薬、同じ医薬品ですが具体的に何が違うのでしょうか? ※この記事は医師監修のもと、作成しております

アスクドクターズ監修ライター アスクドクターズ監修ライター

この記事の目安時間は3分です

「処方薬」と「ドラックストアの薬」の違いは?注意すべき点も解説【医師監修】

Q. 病院で処方される医療用の薬と、ドラッグストア等で購入できる一般用の薬、何が違う?

A.違う部分もあれば、同じ部分もある

医療用の薬も一般用の薬も、医薬品であることは同じです。基本的に、リスクの高い薬は一般用として販売されませんが、医療用と同じ薬が一般用医薬品として販売されているものもあります。

入手方法の違い
医療用医薬品は、基本的に病院を受診し、医師に書いてもらった処方箋に基づいて薬剤師が調剤を行った上で、受け渡しが行われます。これは「薬の売買」ではなく、健康保険法上の「療養の給付」にあたるものです。一方、一般用医薬品はドラッグストア等の店頭で、食料品などと同じように「売買」によって入手します。

自己負担金額の違い
医療用医薬品を入手する際に支払うお金は、基本的に1~3割だけです。これは、残りの部分を健康保険などが補っているからです。一方、一般用医薬品の場合は全額が自己負担になります。

効果や副作用の違い
基本的に、薬としてリスクの高いものは一般用医薬品としては販売されません。そのため、医療用医薬品には効果もリスクも高い薬、一般用医薬品には効果もリスクも低い薬・・・がそれぞれ多くなる傾向にあります。しかし、だからといって一般用医薬品が「あまり効果のない薬」「少しくらい無茶な使い方をしても安全な薬」というわけではありません。

※医療用医薬品と一般用医薬品で、期待できる効果はほとんど変わらないものもある
たとえば、花粉症の治療にはステロイドの点鼻薬と眠くなりにくいタイプの抗ヒスタミン薬が中心になります1)が、主な医療用医薬品の多くが 一般用医薬品の のラインナップにも含まれています 。また、水虫の根本的な治療には水虫の原因菌である白癬菌を退治する必要がありますが、この白癬菌を退治する抗真菌薬の塗り薬も医療用と一般用でほぼ同じです。これらの領域では、一般用医薬品はほとんど医療用医薬品に劣らないものとして扱うことができる場合が多いです 。

※医療用医薬品に比べて、むしろ一般用医薬品の方がリスクの高いものもある

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り881文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師