「自身もレーシック経験」眼科医の割合は

  • 作成:2021/08/29

近視矯正の手段の一つである、レーシック。アスリートなどがレーシックを受けたことを公表したニュースを見聞きした方もいるでしょう。一般にも普及している治療方法ではありますが、眼科医はどう考えているのでしょうか。AskDoctors で行った医師へのアンケート調査をご紹介します。ご自身が治療を検討する際の参考にしてみてください。

この記事の目安時間は3分です

「自身もレーシック経験」眼科医の割合は

眼科医はレーシックを受ける?受けない?

調査結果をご紹介する前に、まずレーシックについて概要を説明します。

レーシック:角膜をレーザーで削って角膜のカーブを矯正する近視治療。日本では2000年から行われており、保険のきかない自由診療(自費)として受けられる。
手術後は眼鏡やコンタクトレンズを使う必要がなくなるというメリットがあるが、手術である以上リスクはあり、強い近視や乱視がある場合、目に近視以外の病気がある場合などは手術が受けられないことも。また、レーシックを受けても加齢によって老眼は始まるので、老眼になったら老眼用の眼鏡やコンタクトレンズが必要になることもある。

近視の人にとって、裸眼で遠くがよく見えるようになる治療は、日常生活の中で眼鏡やコンタクトレンズによって起こる大小さまざまなわずらわしさを取り除いてくれる、夢のような技術です。しかし一方で、眼鏡やコンタクトレンズによって視力が矯正できているのに、わざわざ角膜を削る必要があるのか?という声も。
眼科医はどう考えているのでしょうか。調査結果をご紹介します。

Q ご自身はレーシックをしましたか?(眼科医129人が回答)

「自身もレーシック経験」眼科医の割合は

結果は、回答者129人中125人(96.9%)が「していない」と回答。回答者の中にはそもそも自身の視力が近視の矯正が必要なほど悪くないケースもあり、「していない」と回答している眼科医がすべてレーシックに否定的というわけではありません。レーシックについてどう考えているかについても調査を行いました。

眼科医はレーシックをどう考える?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り716文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師