「この生理痛は病気レベル?」生理の辛さを“スコア化”すれば、婦人科受診の目安がわかる!

  • 作成:2021/09/02

生理痛はとても個人差があり、ほとんど痛くないという方から痛くて1日中寝込んでしまう方まで様々です。他人と比べることは難しく、毎月やってくる生理痛は当たり前のことであり、我慢するもの。そう思っていませんか? どの程度なら病的なのか、どれくらい痛くなれば受診したほうがいいのか、婦人科医の立場から皆さんにお伝えしたいと思います。

この記事の目安時間は3分です

「この生理痛は病気レベル?」生理の辛さを“スコア化”すれば、婦人科受診の目安がわかる!

1) どのくらいのレベルから月経困難症なのか

毎月やってくる生理のことを医学的には「月経」といい、生理痛のことを「月経痛」と呼びます。月経痛は大なり小なり誰でも起こるため、痛みがあるからといって必ずしも異常とは言えません。

月経痛が強い場合、私たち婦人科医師は「月経困難症」という言葉を使います。この月経困難症の定義は、“月経期間中に月経に随伴して起こる病的症状”となっています。この定義には、どのくらい痛みがあれば月経困難症になるかという明確な基準はありません。痛みの感じ方は人それぞれであり、同じ痛みであってもそれほど気にならない人もいれば、痛くて耐えられないという人もいて、どこからが病的かというラインを引くのはなかなか難しいのです。

1つの基準としては、月経困難症スコアというものがあります。これは月経痛の程度と鎮痛薬(痛み止め)の使用頻度を点数化して月経困難症を客観的に評価できるようにしたものであり、3点以上であれば婦人科での診察や治療が必要としています。

月経困難症スコア

「この生理痛は病気レベル?」生理の辛さを“スコア化”すれば、婦人科受診の目安がわかる!

3点未満であれば婦人科を受診する必要がないというわけではありません。症状が強くなくても不快な症状であれば、それは月経困難症といっていいと思います。迷わず婦人科で相談してください。

2) 生理痛の原因は2タイプ。婦人科に相談しよう

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1753文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師