鎮痛剤はどれも一緒? 飲み過ぎると効かなくなる? 婦人科医が教える、上手な痛み止めの飲み方

  • 作成:2021/09/17

生理の痛みが強ければ痛み止め(鎮痛剤)を飲みますよね。ドッグストアには生理痛用の鎮痛剤がいくつも並んでいますが、どれも中身は同じで販売している会社や商品名だけが違うのでしょうか? 痛み止めを飲む回数が増えると効かなくなるという話を聞きますが、これは本当なのでしょうか? 今回は生理痛に使う鎮痛剤についての疑問を解説していきます。

この記事の目安時間は3分です

鎮痛剤はどれも一緒? 飲み過ぎると効かなくなる? 婦人科医が教える、上手な痛み止めの飲み方

鎮痛剤は成分で選ぶ。一番効くのはどれ?

薬局やドラッグストアで販売されている鎮痛剤の成分は、主にアスピリン、イブプロフェン、ロキソプロフェンナトリウム、アセトアミノフェンの4つです。

このうちアスピリン、イブプロフェン、ロキソプロフェンナトリウムは「NSAIDs」(非ステロイド性抗炎症薬)に分類されます。NSAIDsは痛みの原因となる場所での「プロスタグランジン」という物質の産生を抑制し、炎症を抑えます。プロスタグランジンは痛みの原因物質だけではなく子宮を収縮させる物質でもあるので、子宮の強い収縮も和らげることにより生理痛に効果があります。

一方、アセトアミノフェンにはプロスタグランジンの産生を抑える効果はほとんどなく、どちらかというと脳に作用して痛みを感じにくくすると言われていますが、実はその仕組みはまだ完全には解明されていません。それでも痛みを抑える効果や安全性はちゃんと確認されていますので、安心して内服できます。

では、どの鎮痛剤が生理痛には一番効果があるのでしょうか?
理論的には痛みの原因であるプロスタグランジンの産生を抑えるアスピリンやイブプロフェン、ロキソプロフェンナトリウムがよく効きそうですが、必ずしもそうではありません。アセトアミノフェンの方が効くという声も患者さんからはしばしば聞かれます。
鎮痛剤の効き方はかなり個人差があるので、いくつか試してみて自分に合った鎮痛剤を選んでもらうのがいいと思います。

飲むタイミングは? 昔はぎりぎりまで我慢と言われたが…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1375文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師