ロキソニンで胃が荒れるのはなぜ?飲むのを控えた方が良いタイミングは

  • 作成:2021/08/18

痛み止めとしてよく使われる「ロキソニン(成分名:ロキソプロフェン)」は、副作用で胃を荒らしやすい薬です。そのため、胃が弱い人や、お腹が空いている時に飲むのは控えることをお勧めします。※この記事は医師監修のもと、作成しております

アスクドクターズ監修ライター アスクドクターズ監修ライター

この記事の目安時間は3分です

ロキソニンで胃が荒れるのはなぜ?【医師監修】

Q.「ロキソニン」で、どうして胃が荒れる?

A.痛みや炎症の原因物質と、胃を守っている物質が共通しているから

「ロキソニン(成分名:ロキソプロフェン)」は、痛みや炎症の原因物質である「プロスタグランジン」という物質の生成を抑えることで、痛みや炎症を和らげる効果を発揮します。しかし、この「プロスタグランジン」は胃の粘膜を守る役割も担っているため、胃を荒らすという副作用が同時に出てしまいます。

「ロキソニン」が痛みや炎症を和らげるメカニズム

痛みや炎症が起きている場所では、「プロスタグランジン」と呼ばれる物質が増えています。この「プロスタグランジン」は、「シクロオキシゲナーゼ」という酵素の働きによって増えますが、「ロキソプロフェン」や「イブプロフェン」などの解熱鎮痛薬は、この「シクロオキシゲナーゼ」の働きを抑える作用があります1)。これが、「ロキソニン」が痛みや炎症を和らげる効果のメカニズムです。
そのため、捻挫をした時の痛み、肩凝りの炎症から発生した頭痛、生理痛など、「プロスタグランジン」が増えることによって生じる痛みや炎症であれば、基本的にどの場所の症状であっても効果を期待できます。

「ロキソニン」が胃を荒らすメカニズム

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1367文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師