巨大地震、その時あなたは大丈夫?防災マニア医師が語る「今すべき備え」

  • 作成:2021/09/26

いつ自らの身に降りかかってくるか分からない、災害。一方でなかなか自分事として考えづらく、その準備ができていないという人も多いかもしれません。今回は、防災情報を発信している内科医であるDr.ソナエル氏が、防災において広く市民が知っておくべきポイントをご紹介します。今回のテーマは、防災を考える上で欠かせない基本的な考えについて解説します。

この記事の目安時間は3分です

巨大地震、その時あなたは大丈夫?防災マニア医師が語る「今すべき備え」

医師として地域医療に力を入れながら、日々防災対策に勤しんでいる関東在住の内科医です。
幸いにも大災害に被災することもなったため、以前はそれほど防災に興味はありませんでした。しかし、子供が生まれたのがきっかけとなり、家族を守るということに直面したことで防災対策に目覚めました。
防災グッズは元々好きでしたが、インターネットやYouTubeなどで防災知識を得ていくにつれ、ますます防災にのめり込んでいきました。現在では防災好きが高じてInstagramやTwitterで様々な防災対策を発信しています。

防災への備えに欠かせない3つの「助」

災害への備えをする時、「自助」「共助」「公助」の3つを考える必要があります。
「自助」とは災害時にまず自分や家族の身を守ること。「共助」とは地域や周囲の人達と協力して助け合うこと。「公助」とは市町村や公的機関による救助や援助のことです。

私の場合、災害発生時はまず自分と家族の身を第一に守り(自助)、その上で周囲の人々と助け合い(共助)、医師の立場としても他者の力となりたい(公助の一部を負担)と考えています。

一般的に、防災対策と聞くと真っ先に思い浮かべるのが、「防災グッズを◯◯点詰め合わせた非常用リュック」や、「お湯や水を注ぐだけで食べられる非常食」を購入することではないかと思います。
確かにこれらも非常に有用で重要な対策ですが、本来防災対策はもっと身近なところから考える必要があるのです。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1518文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師