明確な原因がわからない「慢性的な腰痛」を解消する、薬以外の有効的な方法

  • 作成:2021/10/26

新型コロナウイルス感染症の拡大が続く昨今、リモートワークや外出機会の減少といった要因で、慢性的な腰痛に悩まされている人も少なくありません。病院へ行っても原因はよくわからず、湿布薬を処方されるくらいで、良くなったり悪くなったりをくり返してスッキリしない・・・そんな悩みを抱えている人も多いでしょう。その場合、薬をあれこれと使うよりも、「運動」を始めてみるのが意外と効果的かもしれません。

この記事の目安時間は3分です

明確な原因がわからない「慢性的な腰痛」を解消する、薬以外の有効的な方法

明確な原因が見つからない「慢性的な腰痛」は、繰り返すことが多い

日本では、腰痛になった人の3人に1人が、1ヶ月以内に病院を再受診するという研究もある1)ほど、腰痛は繰り返すことが多いものです。病院でレントゲンなどを撮って検査をしてみても、80%近くの人で“明確な原因”が見つからない2)という報告もあり、「原因ははっきりしないけれど、よく腰が痛む」といった“腰痛持ち”のような状態で暮らしている人は、多くおられます。特にいま、コロナ禍の中ではデスクワークの増加や運動不足によって、慢性的な腰痛に悩む人は増えてきているようです。

もちろん、検査で骨や椎間板、神経などに異常が見つかった場合は、その治療を優先させることが大切です。また、ぎっくり腰のような急性の腰痛や、ケガをしている場合には、安静に過ごす必要があります。しかし、原因がよくわからないまま繰り返す慢性的な腰痛というのは、実は運動不足が一番の原因であることも多くあるのです。

慢性的な腰痛には、薬よりも適度な運動の方が効果的という研究も

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1554文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師