うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟―発達障害の最難関?「かんしゃく」の対応。外科医の父親が見つけた「一番よく効く方法」は…

  • 作成:2021/11/13

皆さん毎日お疲れ様です。外科医のちっちです。 発達障害はいろいろなタイプがあり、本当に千差万別ですね。そして、その中で家族を悩ませている困りごとのトップは、癇癪(かんしゃく)ではないでしょうか。今回はかんしゃくってなんだろう、 かんしゃくを起こしている時の親の対応の仕方についてお話ししたいと思います。

この記事の目安時間は3分です

うちの凸凹−外科医と発達障害の3人姉弟―発達障害の最難関?「かんしゃく」の対応。外科医の父親が見つけた「一番よく効く方法」は…

かんしゃくの対応、基本の3ポイント

かんしゃくとは、怒りや不安を感じた時、思い通りにならないモヤモヤした気持ちを言葉にすることができず、行動で表すことです。主な行動としては下記のようなものです。

  • 大きな声で泣く
  • 叫ぶ
  • 自分や他人を叩く
  • 暴れる

では実際にかんしゃくを起してしまった場合、どういった対応が良いのでしょうか。ポイントは3つあります。順番に説明していきましょう。

ポイント① 周囲の人に危険が及ばないか確認する

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1532文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師